本読みと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 迎 春  〜糾(ただす)の森

<<   作成日時 : 2014/01/01 00:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 30

あけましておめでとうございます

昨年はブログ上でたいへんお世話になりました。 本年もよろしくお願いいたします。
画像

年末に「糾(ただす)の森」を歩きました。  京都市の東山沿いに鴨川が流れています。
北へ上って行くと、十条…五条・四条・三条大橋・・・、しばらくすると、出町柳(でまちやなぎ)という処に出ます。
画像


                     <三条大橋 東海道五十三次の起点>
画像

ここで、賀茂川(鴨川)と高野川が合流します。その合流地点に、「糾(ただす)の森」があります。 
約12万平方メートル(東京ドームの約3倍)もの広大な面積の原生林の森。 京都の街中にこれだけの原生林があるのは珍しい。

          <賀茂大橋 その向こうのこんもりしたのが「糾の森」 更に京都北山>
画像

平安京の時代は、約500万平方メートル!もあったようです。 その頃に歩いて見たかった。
画像

応仁の乱など京都を舞台とする中世の戦乱や、明治時代の寺社領の没収などを経て、現在の面積まで減少してしまいました。
それでも、原生林の中には、いくつかの清流が流れており、とても京都市内とは思えない趣です。
画像

植生は、ケヤキやエノキなどニレ科の落葉樹が多く、水生植物も豊かで、おおむね当時の趣を留めているそうです。
歩いていても、なにやら おごそかな、身が引きしまる 雰囲気。 

平安時代、500万!平方メートルもあった広大な森をイメージして、大きくゆっくり深呼吸をします。 
冷気が身体に染みわたります。
意識は、1000年以上の時間を自由に歩きまわることができる。
画像 画像


画像

最奥に、有名な神社があります。 手水場も、樹齢600年以上のケヤキの木と万年前の磐座石。
画像

通称 下賀茂神社 、正式には 賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)。
この原生林は、下賀茂神社の社叢林です。というか、原生林の中に、神社があるという感じ。
画像 画像

式内社、山城国一宮。 
奈良代以前から朝廷の崇敬を受け、平安遷都の後はより一層の崇敬を受けるようになり、大同2年(807年)には最高位の正一位の神階を受けています。 京都でも最古の部類の 由緒正しき神社です。
画像

画像


かしこみ かしこみ   今年は 背筋を伸ばして しっかり前を向いて  
健康第一!  山ブロガーの皆さまのご健勝をお祈り申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
明けましておめでとうございます。
京都は緑が濃く、歩いても気持ちが良いですね。
今年も山歩きを楽しめますように。
さすらい人
2014/01/01 16:36
さすらい人さんへ
新年あけましておめでとうございます。
京都の底冷えといって、空気が冷たく凛とした雰囲気が良いですね〜
大阪への帰省の帰りに寄り道しています。
今年は、昨年以上には歩きたいとは思っています。
もう、すきなような年間計画を立てて楽しんでいます!?
本読みと山歩き
2014/01/01 19:00
明けましておめでとうございます!
京都にこんな森があるのですね♪とても神々しい感じが伝わってきました。今年はどのような山行計画をお考えなんですか(^O^)?
僕は喪中でもあったので、年末年始は地味に過ごしております(笑)。でも、今年はもっとアグレッシヴに活動したいな、と思い描いております。今年もよろしくお願いします!
やまや
2014/01/01 23:48
あけましておめでとうございます。去年の夏は遠方わざわざお越しくださって、ありがとうございました。短時間でしたが楽しかったですね。またお会いできるのを楽しみにしてます。今度はもっと長時間遊びたいですね。
あつこ
2014/01/02 00:36
やまやさんへ 
おめでとうございます! 
京都には神社が多く、当然 鎮守の森も多いですが、こういった原生林に囲まれた社は、ほとんどないと思います。
京都にありながら、平安時代以前から古社であるからかも知れません。
今年は計画だけはたくさんで、白山山系(白山や別山)、御嶽(濁河温泉泊)、蓮華岳、丹沢山系… 目白押しです。
これは去年も計画して歩けなかった山域なんです〜(笑)
今年こそ、弥勒山の山頂でお会いいたしましょう!
よろしくお願いいたします。
本読みと山歩き
2014/01/02 08:35
あつこさんへ
おめでとうござます。
こちらこそ、昨年は久々にお会い出来ることができ楽しかったです。
今年は、(もしも帰国なさるなら)昼間からあそびましょう! 大阪もおもしろい処が増えてきましたしね。
もちろん名古屋でもいいですよ! 山歩きでも…(笑)
本読みと山歩き
2014/01/02 08:41
明けまして おめでとうございます
皆さんの分まで本読みさんが祈って下さり有難う御座います。
一枚目の写真は、ご利益ありそうですね♪〜
京都は先祖の墓がある場所なのですが、お墓参りに出掛けても、今までは散策して来る余裕すらありませんでしたが、拝見していると、何時かはゆっくりと散策したくなりました。
本年もよろしくお願い致します。
リッキー
2014/01/02 17:49
明けましておめでとうございます。
自分の健康もしっかりとお願いして来て下さい!!。
初詣には最高の所ですね、こちらは何処の神社もかなりの賑わいで神様も忙しすぎて、毎年お参りしても、あまりお願いを聞いてくれません。
インレッド
2014/01/02 19:44
リッキーさんへ おめでとうございます。
一枚目のデカい絵馬は、すごい迫力のある馬の絵でした。
鞍に昇り竜の絵があったりして、まさに縁起物ですね〜 神楽殿にかざってありました。
帰阪途中とはいえ、鴨川沿いに宿泊して、鴨川歩きもしました。
欧州の世界遺産と同様に、どこを歩いても絵になります。ぜひ、ご先祖様をお参りされる折には、ゆっくりと京都歩きをお楽しみ下さい。
本読みと山歩き
2014/01/02 20:34
インレッドさんへ
新年あけました。おめでとうございます。
最近は、どこの神社にお参りしても、自分の健康第一をお願いしております。
昔に比べると、信心深くなりました。
というか、お願いするということは、自分の意志(お願い)を第三者(神様)に誓うということなんだな〜ということに気がつきました。
今年は健康第一、山歩き第二、仕事は第三、でがんばります。
本年もよろしくお願いします。
本読みと山歩き
2014/01/02 20:38
明けましておめでとうございます。
迫力のある絵馬に圧倒されながら、読み進むうちに本当に
ここを歩いてみたくなりました。
緑滴る季節よりも、2月頃のかすかに春の兆しが見られるか
どうかという時季も良さそうですね。
それにしても、歴史の重みと原生林の圧倒的な存在感の
ある場所の名前が「糾すの森」とは・・・。
身の引き締まる思いがして緊張してしまいます。
何故かな〜?
今年も、の〜びりと参ります。どうぞよろしくお願い致します。


Tao
2014/01/02 23:12
Taoさんへ
あけましておめでとうございます。
この馬は勢いよく足を上げ上を向いていまにも絵馬から飛び出してきそうでした!
ここは、原生林ですが、規模は奈良の春日の杜ほどではありません。
でも、大昔はこの何十倍もあったのだと思うと、気持ちの良いものです。
名前も糾(ただす)とは…語源はいろいろあるようですが、意味深な地名であることはまちがいがありません。
今年もよろしくお願いいたします。
本読みと山歩き
2014/01/03 09:00
あけましておめでとうございます。今年もブログ楽しみにしています。
ハノイb
2014/01/03 09:19
B作さんへ 
あけましておめでとうございます。
ハノイの新年はどうですか? やはり新年は旧正月がメインでしょうかね。
ベトナムで今年も活躍できると良いですね〜 健康第一でね
今年こそ、帰国の折はお会いいたしましょう! 
本読みと山歩き
2014/01/03 09:51
明けましておめでとうございます。
いつもの山麓と違って
歴史の物語を感じながら古都を歩くって
健康で風情がありますね!
近ければ、歩きたいコースです。
今年も、寄らせて頂けるのを楽しみにしています。
良い一年でありますように!m(__)m
清兵衛
2014/01/03 18:34
あけましておめでとうございます。
糺ノ森に行かれましたか。この森は不思議な場所です。
私は問題ありませんが、家内は体調が変わってしまうようです。
何か独特な「気」があるのかもしれません。
下鴨神社から鴨川沿いに三条まで歩いたことはありますが、十条まではかなり距離があります。今回は十条から下鴨まで歩かれたのですか?
「健康第一」、私も今年は同じ目標を掲げました。(^_^)
KURI
2014/01/03 19:07
明けましておめでとうございます。
京の生きた深い歴史の中を散策しながら年越しされるのは、なんとすばらしいことでしょう。気持ちが新たになります。
今年もよろしくお願いいたします。
カスミッシモ
2014/01/03 20:00
清兵衛さんへ
新年あけましておめでとうございます。
山歩きも良いですが、街歩きも大好きなのです。特にこのように歴史ある街を歩くのはとっても気持ちが良いです。
特に、欧州の古い町並を歩くのがたのしいように、京都をはじめとする古都を歩くのは楽しい。
清兵衛さんがあちらこちらに行かれていらっしゃるのが羨ましくてなりません。
本年もよろしくお願いいたします。
本読みと山歩き
2014/01/04 13:31
KURIさんへ
そう広くはないですが、原生林があるというのを聞いて歩いて見ました。
「気」があるとすると、やはり深い(長いではなく)歴史がそうさせるのかも知れません。
 まさか、十条からは歩いていません。四条から三条〜荒神橋あたりまでです。
出町柳まではバスに乗って行きました〜 時間があれば、歩きたいですね〜
本年もよろしくお願いします。 
本読みと山歩き
2014/01/04 13:40
カスミッシモさんへ
たまに行く京都は良いです。帰省途上に寄れるという地の利を活かして時々いっております。
今回のように泊が伴うのはめずらしいですが…
早朝に、それも冬に鴨川やこんな森を歩くと、身体がシャキッと引き締まります。
本年もよろしくお願い致します。
本読みと山歩き
2014/01/04 13:43
明けましておめでとうございます。
滋賀県に20年近く住み、京都の寺社仏閣もずいぶんと見て回ったはずですが、あまり記憶にありません。
 今ならばもっとじっくりと楽しむのですが。
 伊吹山は花の山、今ならばずいぶんと花を楽しんだことでしょうが、その頃はただ登るだけ。
等々、当時に楽しめた環境を思い起こしております。

今年も山も本も楽しみにしております。
MORINOBUNA
2014/01/04 19:01
MORINOBUNAさんへ
明けましておめでとうございます。
京都も滋賀も神社はたくさんありますからね〜 この下賀茂神社は上賀茂神社とともに有名な祭りは葵祭りです。
京都三大祭ですから、滋賀にお住まいの事があったのなら、ご覧になったのでは!?
いつか、滋賀や京都に遊びに来られたら、ぜひ思い出の神社仏閣をご訪問下さい。
今のMORINOBUNAさんなら、キラ星の如く興味深いことがあるに違いありません。
本年もよろしくお願いします。
本読みと山歩き
2014/01/04 21:52
本読みさん京都にいらっしゃってたのですね。
私は去年行った時、カラスがおおくで、ここはカラスの杜
だと思ったのですが、本読みさんが行かれた時は出没しませんでしたか?

今年もたのしい読書生活お願いします!
さえ
2014/01/05 23:00
さえさんへ
おはようございます。
帰阪の途中に、京都によっていました。カラスはまったく見ませんでしたね〜
鴨川沿いにはいました。トンビが木に鈴なりになっているエリアがあって、そこだけカラスが隅っこにおいやられていました。(笑)
今年は、山はもちろんですが、四季を通じた原村の紹介をたのしみしています!
本読みと山歩き
2014/01/06 06:32
 新年おめでとうございます。
 京都の雰囲気はお正月にマッチしていますね。何度か訪れていますが、田舎者にとっては、京都はいつも憧れの地です。
 年末年始とバタバタしていて(全て遊びですが)やっと落ち着いてパソコンに対峙しています。
 1年の計は元旦にありと言いますが、真っ先に脳裏に浮かぶのは、やはり家族の安寧と自分の健康です。
 今年もよろしくお願いします。
甘納豆
2014/01/06 21:33
甘納豆さんへ
あけましてめでとうございます。
たまの京都は良いですね〜 初詣で有名どころは人でいっぱいになりますが、年末でこのように北の外れにある神社はまったく問題ありません。
年末年始とお忙しいのはプライベートが充実していることの証明です。
こっちは、この小旅行以外は自宅でうだうだと寝正月でした。(笑)
今年もよろしくお願いいたします。
本読みと山歩き
2014/01/07 06:21
本年も宜しくお願いします。
京都、懐かしいなあ。
昔のままの姿が残っていて、ほんといい感じで落ち着きますね。

猫畑
2014/01/11 23:01
本年もよろしくお願いいたします。
京都の街並みを歩く機会もなかなかありません。
古都の風情を今年こそ愉しめたらと願っています。
15日からログハウス横の造成工事にかかるので
忙しくなりそうです。
でもそれが片付けば 山歩きに精を出せるでしょう。
筋肉痛が纏わりついて離れないのが悩みの種です。
ログの大好きな徳さん
2014/01/12 04:11
猫畑さんへ
ことしもよろしく! 京都なつかしいでしょう。よく留学生を連れて遊びにいきましたね〜
今年も一度は東京でお会いいたしましょう!横浜でもいいですよ!
本読みと山歩き
2014/01/12 18:38
ログの大好きな徳さんへ
今年もよろしくお願いいたします。
新しいキャンピングカーでぜひご訪問ください。止める場所にちょっと苦労しますがね。
ログハウスもいよいよって感じでしょうか、そっちの進捗も、西海への夕陽(笑)も楽しみにしております。
本読みと山歩き
2014/01/12 18:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
迎 春  〜糾(ただす)の森 本読みと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる