本読みと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 納古山【633m】〜大展望が教えてくれる事

<<   作成日時 : 2014/02/23 17:01   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 24

本日(2月23日)は晴天
2週連続週末がなく (泣) ……… 久々にストレス解消を目的に展望の山を歩きました。
この山は飛騨地方の入口にあたり、山頂からは木曽や飛騨や加賀の山々が良く見えるのです。
南側は、眼下が飛騨川で、蛇行しながら南下して木曽川に合流し、濃尾平野へと続きます。
画像

美濃加茂市を少し北上し、飛騨川沿いを走ります。 林道手前に諏訪神社があったので、お参りしました。
その神社の横手から、未舗装の林道を少し登ったところが登山口。
登山ルートは初級コース(植林)と中級コース(尾根で岩岩)がありますが、迷わず中級コースへ。
画像

画像

画像

今時のかわいいマーク!? こんな低山でも山ガールを何人か見ました。
画像

植林の谷沿いを少し歩くと、尾根に出ます。 花崗岩の岩山なのでしょう、時々岩をがしがし手でつかみながら歩かねばなりません。
天空岩、空に聳えたっているよう。
画像

画像

天空岩から、
岩に座り、空に足を放り投げ、暖かいお茶をの飲みながら ・・・ 東側の美濃の山々を眺めます。 
あゝ   静寂の世界。
画像

飛騨の入口ですから、雪が降るときは降るようで、まだまだ残る道もあり、凍ってあぶない箇所も。
この山を愛する人でしょう、ピッケルで凍結した氷を砕き、登山道を整備してくれているおじさんがいました。
感謝感謝
画像 画像

久々の山歩きにハアハア言いながらも、山頂へ到着
画像

山頂からは、うわさ通りの展望に感激しました。
東40kmには中央アルプス最南端の恵那山(2,191m)、左に中央アルプスが続きます。
画像

北東40kmには木曽の御嶽(3,067m)、いつもより近くに見えるので大迫力です。
画像

御嶽の隣、北北東60kmに乗鞍岳(3,026m)
画像

乗鞍の左に雪の峰峰が覗いていますが… 山頂では穂高や槍だと山座同定で賑わっていました。(笑)
画像

北60kmには加賀の白山(2,702m)
遠くから眺める山では、この山が一番好きなのです。
なだらかな山容は懐の深さを、どこまでも真っ白な様は穢れない神聖さを醸し出しています。
空に溶けて行きそうな、危ういたおやかな白さが魅力的。
画像

大展望の景色や、山々を眺めていると・・・
自然の大きさ、つまり時間と空間の深さと広さを意識すると、自分の小ささに気がつきます。
広い視点でものを見て、足元の一歩に注意することに気がつきます。
忙しい時こそ、時間を作って、大自然を堪能するのは大事だな〜〜〜〜〜〜と思う訳です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
この方面は、大雪の影響もなかったようですね。青空をバックにした雪山の展望は心がはずみますね。新潟の山では、曇り空のもとで、雪の中でもがくことになりますが、それでも木の冬芽も膨らんできています。マンサクの花に出会うのもあと僅かでしょう。
さすらい人
2014/02/23 22:04
納古山はまだ登ったことがありません。良い山らしいので、いつかはと思っていましたが。やはり山頂からの景色は最高なのですね〜。特にこの季節は、白い峰々に期待して登りたいです♪
やまや
2014/02/24 00:49
この赤いハートマーク、スプレーペイント?こういう人は困りますね。
あつこ
2014/02/24 05:01
さすらい人さんへ
先々週はこのあたりにも大雪が降ったのでこのあたりは積もったはずですが、徐々に少なくなっています。
新潟は今がピークですね〜 気をつけて雪山をお楽しみ下さい。
マンサクを始め、雪の下で春の準備をしているのですね。季節は巡る。
本読みと山歩き
2014/02/24 06:32
やまやさんへ
晴れの日をお勧めします。麓は植林地帯なのでおもしろくありません。
中級コースは岩場がいつくかありますが、やまやさんが言う「岩場」ではありません。
でも、決して走って登らないでください。(笑)
本読みと山歩き
2014/02/24 06:34
あつこさんへ
山道では、岩にスプレーやペンキでで赤い〇をマークするのは、「この道は正しいです」を意味しますので、暗黙の正しいルールです。
但し、このハートマークはそれが必要な場所にマークされていませんし、形も〇ではありません。
その2点で、落書きとなり、「いたずら」の範疇となります。困ったものです。
本読みと山歩き
2014/02/24 06:37
こんにちは。
緑そして岩、展望と中々の景色ですね。
遠望の山々、素晴らしい。
 しかし、無粋な大鉄塔、赤白がよく目立ちます
  私の写真にも良く登場します、いや、鉄塔の無い景色が極少ないと言った方が良いかもしれませんね。
  社会活動の大動脈だから仕方が無いか、です。
MORINOBUNA
2014/02/24 13:19
こんばんは〜
本当に素晴らしい眺望の山ですね。
こんな雄大な景色を眺めているとストレスも吹き飛びそうです。
私は若い頃から「プライベートが充実していないと良い仕事が出来ない!」
と言って遊びに行く口実にしていました〜
今でも実行しています (笑!
前日に私も同じ山並を反対側から眺めていました。。。
mikko
2014/02/25 00:11
すばらしい景色ですねー。お天気にも恵まれてよかったです。
「どこまでも真っ白な様は穢れない神聖さ」「危ういたおやかな白さ」この表現好きです。文章からしますと本読みさんにとっての遠くから拝する白山は女性的ですか?(^_^)
KURI
2014/02/25 17:05
本読みさん、私は最近高い山に登るより近くの低山からの景色を楽しむのも良いものだと思っています。
この山も良いですね。京都からも日帰りできそうです。
御嶽が大きく見えますね。土曜日は私も名神から御嶽を見ていました。良いお天気でした。
さえ
2014/02/25 17:16
今晩は。
お忙しいようですが、体に気を付けて頑張って下さい。
低い山のせいか、なんとなく暖かなように見えます。
それでも展望は抜群のようで、こちらからでも見える山々が少し形が違って見えて新鮮です。
インレッド
2014/02/25 21:11
空気の澄んだ冬の遠望がは綺麗ですね!
御嶽山が、こんなにも間じかにでかく見えるんですね
納古山は飛騨の入口の山ですか
飛騨は温泉天国で、そちらの楽しみもありますね!
清兵衛
2014/02/26 20:23
こんにちは。
雪が少ないですね。こちらは街中でも道路脇にまだ少し雪が残っています。今日の雨でなくなりそうです。
恵那山の左に中央アルプスが見えるのですね。関東からですと恵那山の右が中央アルプスになり、一瞬戸惑います。大展望で気持ちがいいですね〜
カスミッシモ
2014/02/27 09:28
MORINOBUNAさんへ
美濃や尾張でで見える高い山は、こんな感じです。
御嶽は濃尾平野からちょっと高いビルや山に登ると、よく見えます。
関東平野の富士山にあたるでしょうか!?
鉄塔は“無粋”ですね、確かに、言われてみてみると気になります。
赤白は特に目立ちますね。安全の為なんでしょうが、それにしても鉄塔の数は半端なく多いような気がします。
本読みと山歩き
2014/03/01 14:32
mikkoさんへ
こんばんは! 天気が荒れると私の仕事も荒れる…
プライベートがないとやはり仕事の効率も落ちると感じる日々でした。
山頂から展望が良いと、やはり気持ち良い。
蓼科でスキーですか〜 
山歩きからスキーへの臨機応変さも見習わねばなりません。
本読みと山歩き
2014/03/01 17:35
KURIさんへ
白山のこの遠景はやはり女性的ですね! 御嶽は男性的。
深い谷がないせいか、この純白さが美しいので好きです。
この白さが夕日にそまるとまた良いのです。
昨年、この山域の計画をしていたのですが、実行できず。
今年こそっとは思っています。
本読みと山歩き
2014/03/01 17:39
さえさんへ
展望は良いですが、京都からわざわざというほどではありません。
でも、
展望の良い低山から美しい高山を見るのは、気持ちの良いものです。
「一つとなりの山」という私の好きなエッセイがあるのですが、有名どころの山はそこを登っているとその雄姿は見ることができませんから。
御嶽も今年は歩きたいです。特に濁河温泉からのコースに憧れているのです。
行けるかな〜〜
本読みと山歩き
2014/03/01 17:44
インレッドさんへ
御嶽は南側から見ると尖って見えますが、実際の山頂部は広いので東西から見ると台形状に見ることができます。
特に東側(木曽)から眺める御嶽は雄大で大好きな景観です。
富士山のような円錐に近い山は別ですが、普通の山はみる角度で姿が変わるのが良いですね〜
本読みと山歩き
2014/03/01 17:47
清兵衛さんへ
飛騨はたしかに温泉が多いですね。
今年は、清兵衛さんを見習って麓に温泉がある山で一泊してゆっくり翌日に山歩きするという山業をしたいと思っています。
(去年もそうおもっていたのですが…(笑))
いつか、ヒマラヤトレッキングもしたいものです。まだまだ先です。
本読みと山歩き
2014/03/01 17:50
カスミッシモさんへ
関東は大雪でしたね〜 それで私の仕事も忙しくなったのです。
ともかく、
この日は天気が良くて、こんな低山であるにもかかわらず展望は最高でした。
ちょっと離れていますが、有名どころの山々が適度に見えるのが良いですね〜

今週末も関東は雪かも知れません。あまり降らないと良いのですが…
本読みと山歩き
2014/03/01 17:55
こんばんは
仰るように、仕事が忙しいからこそ見えて来るものがありますね。
これからも時間調整をなさり、短時間でも自然探訪をなさって下さい。
自然界のお陰で生かされている存在のちっぽけな人間なのですが、あたかもこの世は人間のためにある等と、大それた勘違いをする人も多い事は確かですね(笑)
好天で大展望・・・良い場所に行かれましたね♪〜
リッキー
2014/03/02 19:37
リッキーさんへ
忙しいからころ見えるものがある…そうかも知れません。
大展望は冬には良く見えるものですが、この日は少し違いましたね〜
月並みですが、大自然は“謙虚”を教えてくれます。
本読みと山歩き
2014/03/02 19:59
雄大なもの、高き山々に慄き恐れを抱く人にとって
白き峰々に登りたい欲求は・・・
いつの時代も変わらないものでしょうね。
山々の気高さに心打たれる自然児でありたいと願っています。
ログの大好きな徳さん
2014/03/16 17:22
ログの大好きな徳さんへ
“山々の気高さに心打たれる自然児”はいいですね〜
この山を歩いた時は、まちがいなくその自然児になっていました!!
そんな心をいつまでも持ち続けたいものです。
本読みと山歩き
2014/03/16 19:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
納古山【633m】〜大展望が教えてくれる事 本読みと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる