本読みと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 吉野山 青根ヶ峰【858m】〜花が見たくば

<<   作成日時 : 2014/04/20 20:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 18

「花が見たくば吉野へござれ」・・・好日山荘の4月刊誌にありました。 江戸初期の小唄文句だそうだ。
画像

吉野の桜は、ヤマザクラです。 桜といえばソメイヨシノですが、これは江戸時代末期に生み出された品種で、吉野の桜にあやかって、「ヨシノ」の名を冠したそうです。
残念ながら、下千本・中千本・上千本は葉桜となっておりますが、どうしても行きたくなって…今日20日
画像

画像

ソメイヨシノは花が咲いたあとに緑の新緑が出てきますが、ヤマザクラは花と葉っぱが同時です。
赤茶色の葉っぱは、桜のピンクと相まって、遠くから眺めると ピンクピンクでない上品な色に見えます。

吉野がサクラが名所となった謂れは、1,300年前に遡ります。
修験道の開祖である役小角は吉野山から連なる大峰山脈で修行を重ねました。その苦行の末に、蔵王大権現を感得、怒髪天を衝く恐ろしい顔つきが大衆を救うと、その姿をサクラの木に彫ったらしい。
                      <金峯山蔵王堂:国宝>
画像

画像

               <金剛蔵王権現:特別御開帳:撮影禁止なのでJR東海HPより>
特別御開帳というので、大枚をはたいて、ありがたくも眼前で拝むことができました。暗闇に浮かぶ権現さんは大迫力で、おもわず 手を合わすほどです。
画像

そこから、サクラは御神木にふさわしいと以来、人々の信仰をあつめました。現在は山全体がサクラで覆われています。
一目千本といわれ、山の麓から山上まで約1ケ月をかけて桜前線が駆け上がります。

上千本から蔵王堂が遙かに望めます。1週間前まではここが上品なピンクに染まっていました。
古くは、源義経が討伐を受けた時にここに身を隠し、最愛の静御前と今生の別れとなりました。歌舞伎の「義経千本桜はここが舞台です。
豊臣秀吉も、ここからの眺めに感嘆の声を上げたそうです。
画像

上千本には、吉野水分神社があります。 創設は不詳だが「続日本記」 698年に記載があるようです。
現在は、桃山時代の美しい建築で、豊臣秀頼が再建しています。本殿は重文。枝垂れ桜が美しい。
画像

ここからの路は植林地(おもしろくない)を歩きます。 山の一番奥には、金峯神社があります。
ここが最後の参拝を済ませて、奥千本と、山頂である青根ヶ峰へ向かいます。
画像 画像

奥千本には、西行の庵が再現されている場所があります。 西行とは平安時代から鎌倉時代にかけての歌人で、吉野のサクラをこよなく愛した人です。 奥千本はちょうと満開でした。 こんな風景を眺めていたのかな〜
画像

画像


                   吉野山 こずえの花を 見し日より
                        心は身にも そはずなりにき
             (吉野の桜を見てしまったら 心が身体から浮かれて出てしまう・・・)


直ぐ近くが、山頂です。 858m、三角点がありますが、展望はまったくありません。 誰もいません。
画像

この先は、200km弱の山道が熊野まで続きます。 「大峯奥駆道」 役小角も修行した道。
途中の山上ヶ岳は、いまも女人結界が守られ続けている聖域、昔はこの青根ヶ岳からがそうだったのでしょう、女人結界の文字がありました。
画像

修験道には修験者がいまでもいます。 約1,300年前から脈々と続くこの吉野と熊野を結ぶ道・・・
こんな山奥にある山ですが、いろんな歴史をみてきた吉野山、たとえ今は観光地と化していようとも、桜の最盛期に来るぞっと誓うのでありました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
イギリスの桜も山桜です。道路の両際によく生えているので、植えられたのではなく、自生してるのかもしれません。駐車場などに植えられているのと同じ種類。でも、日本の桜より1本の木に咲く花の数が半分以下の気がします。どんな種類の桜でも、やっぱり木全体がピンクで包まれてないと、私には物足りないです。
あつこ
2014/04/21 08:21
何年か前に蔵王権現におあいしたくて吉野に行きました。
正直、ドラクエの堀井雄二さんが描いたキャラクターのような仏像が国宝として存在するなんて信じられませんでした。実物をみるとそれこそ腰を抜かすほど魂消たと申しましょうか?昔の人はやることがでかいなと思いました。(^_^)
KURI
2014/04/21 20:29
あつこさんへ
ヤマザクラですか〜 花だけさくなんてのがそもそも自然でないのかな〜
花の数も、その樹木の生き残り戦略ですから、きっとなにかあるんですよ。
数が少なくても、虫や鳥が 花粉を運んでくれるとか・・・
写真に撮って、ブログにアップしてくだいな! 比較して見てみたい!
本読みと山歩き
2014/04/21 20:49
KURIさんへ
蔵王権現をご覧になりましたか! 私も真正面から見ると顔が大きすぎて、バランスの悪い仏像だなと思っていました。
今回は眼下に座って、見上げると、それはそれは大迫力でした。
高さは7.5mもあります。
きっと人の視点にたった仏像の造り方をしたのです。たいしたもので。
写真もそんなやつを選びました。
本読みと山歩き
2014/04/21 20:53
奥千本の西行桜綺麗ですね〜
私は染井吉野よりも山桜の方が好きですよ。
なんか優しい雰囲気と風情があるような気がします。
昨年のゴールデンウィークに歩いた
岩手県中尊寺近くの経塚山・束根山の登山口には
西行桜が植えられていてとっても綺麗でした。

金剛蔵王権現様、迫力がありますね〜
ブルーがなんともいい感じの色ですね。
mikko
2014/04/23 00:10
今晩は。
ここの桜は一度は見て見たいと思っていますが、なかなか暇が無くて行く事が出来ません。
  花の下にて春死なん その如月の・・・
  仏には桜の花を奉れ 我が後の世を・・・

            大好きな歌です。
インレッド
2014/04/24 21:26
こんばんは。
流石、吉野の桜ですね!枝垂桜も趣きがありますね〜
歴史ある吉野の桜、一度は訪れてみたいと思います。
カスミッシモ
2014/04/25 20:04
mikkoさんへ
中尊寺も行きたいです。西行桜も見たい。
蔵王権現は7.5mもある日本最大の秘仏らしいです。
確かに青いのがあざやかで、暗闇にぼわっと浮かび上がるこの秘仏は、
たいへん迫力があるんです。
ちょっと遠いですが、ぜひ一度ご訪問下さい。
本読みと山歩き
2014/04/26 19:50
インレッドさんへ
西行法師はお望み通り、春に亡くなったらしいですね。
桜を見ながらだったのでしょうか!?
このコースはほとんどを観光地化された道と歩道道路を歩くので、
歩くつもりでいくとおもしろくありません。
もし来られるなら、西行をはじめとした悠久の歴史と桜を楽しむ気持ちで、ご訪問下さい。
本読みと山歩き
2014/04/26 19:54
カスミッシモさんへ
枝垂れ桜はきっと古木の桜です。たいへん趣がありました。
ぜひ一度、ご訪問下さい。
最盛期は、りっぱな観光地ですので、たいへん混んでいるらしいですが…
本読みと山歩き
2014/04/26 19:56
見事な景色ですね。
やさしく嫋やかに見える桜の吉野山、色々な歴史を秘めていますね。
真っ青な顔でど迫力の金剛蔵王権現。見下ろされたら足がすくみそう!
御開帳の時に巡りあえて良かったですね。


Tao
2014/04/26 21:48
Taoさんへ
これが桜色一色になるとさぞかし見事だろうな〜と思いながら眺めておりました。
ここではご紹介しませんでしたが、南北朝時代の南朝の都があったところでもありますので後醍醐天皇関連の施設もたくさんあるのです。
この蔵王権現は必見ですよ〜ちょっと遠いですが ぜひ!
本読みと山歩き
2014/04/27 08:19
本読みさん、吉野は奥千本が一番だと私は思っています。
10年ほど前に相棒が奈良に単身赴任していたので、よく吉野や大台に行きましたが、吉野は朝早くに出かけて、戻ってくる頃は道も歩きにくくなっていて、うんざりしました。でも奥千本の満開の頃は人も減って静かな山歩きが出来ましたよ。
秋も良いです。西行庵の紅葉最高です。
さえ
2014/04/28 11:43
さえさんへ
さすが!お目が高い!
奥千本が一番だという人に初めて出会いました。
あと、私も西行庵あたりは秋が良いだろうな〜と思いました。
あとこの山は宮滝からも歩いて見たいと思います。
静かな山歩きができそう。
本読みと山歩き
2014/04/28 22:02
桜の季節に是非一度は行ってみたいと思ってはいても、混雑を考えると足が向きませんが、やはり一見の価値はありそうですね。
行きたいと言いながら全然判らないのですが、下から奥まで歩いて行ける距離なのですか?
桜も後何度見られるか知れないのですから、行かなくちゃ!ですね。(^_-)
つれづれ
2014/05/07 22:35
つれづれさんへ
山歩きというか、観光として「吉野の桜」を見るつもりで行かれることをお薦めします。
山頂まで行けば往復で約14km、それなりの距離と高低差があります。
ほとんどが舗装道(観光用)ですので、運動靴で十分。
この日のように奥千本(ほかとは離れている)より、4月中旬あたりが満開になる上千本あたりまでがおすすめです。
修験道や南北朝時代の史跡をめぐり歴史を感じ、桜を愛でて、吉野葛を食べながら…
ただし、ピークは相当混んでます…
本読みと山歩き
2014/05/08 07:24
金剛蔵王権現 すごい迫力ですねぇ。
怒りの御姿は、人間の業の深さに怒り狂っているようにみえます。
欲もほどほどにして 生きてみたいものです。 
吉野の千本桜は、遠目に見ただけで通過してしまいました。
次回は、桜の時期に歩いてみたくなりました。
ログの大好きな徳さん
2014/06/03 06:51
ログの大好きな徳さんへ
すごい迫力でした〜 高さは7.5mもあるのです。
現前に座ると足がすくみます。
昔の人は、そんな効果も意識してうまく作るな〜(ちょっとビビりながら)と感心しました。
吉野の桜は見事ですが、混んでいるのが玉にきず、
キャンピングカーで前夜泊して、早朝に訪問することをお薦めします。(笑)
本読みと山歩き
2014/06/07 07:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
吉野山 青根ヶ峰【858m】〜花が見たくば 本読みと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる