本読みと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 竜ヶ岳【1,099m】〜群れを成すシロヤシオ

<<   作成日時 : 2014/06/01 16:10   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 24

画像

今日(6月1日)、先月に引き続き、鈴鹿山脈へ行きました。 シロヤシロが“群れを成す”竜ヶ岳です。
画像

鈴鹿は北部が石灰岩、南部が花崗岩の山地なのですが、この山の北側がその境目にあたり、これより北は石灰岩質の山が連なります。
よって、セメントメーカによる採掘場も多くなるのです。

                 <山頂付近より北側を望む:左が御池岳、右が藤原岳>
画像

          <山頂付近より南側を望む:眼下が石グレ峠、正面が三池岳、遥か奥に御在所>
画像


山頂はなだらかで、平原上になっています。本日の下界は35°予想ですが、ここは風が吹き抜けて気持ちが良い。
画像 画像

シロヤシオはもう最盛期は過ぎ、終盤にかかっていまが、タニウツギをはじめ6月の花が真っ盛りでした。
画像

画像


山頂部は平原上で なだらかで ・・・ 
画像

まさに、“竜の背中” を歩くが如く・・・ 気持ち良かったです〜〜〜〜
画像

このお山のシロヤシオの特徴は、山頂部に群落が点在することです。 草原に羊の群れのようです。
画像

画像

お目当てのシロヤシロです。 ゴヨウツツジ、マツハダとも呼ばれますね。
画像

やはり花の白さが引き立つので、この季節は「シロヤシオ」と呼ぶのが良い。
画像

秋は葉っぱが色ずくので、
「五葉ツツジ」と呼ぶとか、季節によって樹木の呼び名を変えるのが風流というものでしょうか。
画像

匂いは・・・ 麗しく ありません。(笑) 
この花を遠目に見ながら、おにぎりをほうばって、しばし眺めておりました。 至福の時間でした〜〜〜〜〜〜〜。

蛇足ですが、今日は マニアックな秘密兵器を持ち込みました。
水平機の機能を持ちながら、角度を測ることができるすぐれもの??? です。 
急坂になるたびに取り出して、傾斜角を図りました。 これはシンドイという斜面でも、たったの30度!? 
予想はしていたが、 まあ山の急坂は こんなものでしょう。 (笑)  
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は晴れて暑かったのではないでしょうか。埼玉では35度になりました。
シロヤシオが多い山なんですね。
山の稜線歩きは展望が良く気持ちよさそうです。
傾斜計私も欲しいです。
ミニミニ放送局
2014/06/01 20:07
先日、TVでも竜ヶ岳のシロヤシロが紹介されているの見ました。これは行く価値ありですねー♪本当に羊が放牧されているみたいな風景です(^^)。
先週、鈴鹿の那須ガ岳を独りで歩いてきました。シロヤシオはだいぶん散っていましたが、アカヤシオとシャクナゲが満開で、鈴鹿の良さを再発見した気分でしたよ♪
やまや
2014/06/01 20:36
ミニミニ放送局さんへ
今日は暑くなるのはわかっていたので、早朝出発で昼には下山できるルートでした。
この時間だと、日差しは厳しかったですが、木陰だとまだ涼しい〜〜のです。
傾斜計はEBISUという新潟の精密機器メーカです。
大きなホームセンターならあるのでは…
本読みと山歩き
2014/06/01 21:14
やまやさんへ
シロヤシロはピークを完全にすぎていました。 
が、まだまだ綺麗でした。
那須ガ岳ですか〜 未踏峰です。(笑)
鈴鹿は広いです。まだまだ歩いていないところがたくさん。
魅力的な山域です。
本読みと山歩き
2014/06/01 21:18
きれいな花!
それにしても光が美しいですね。日本の初夏らしい光・・・と思ったら、35度って気温のことですか?もうそんなに暑いんですか?このままじゃ今年の夏なんか恐ろしいことになりそう。
あつこ
2014/06/02 08:09
お早うございます。
ここのシロヤシオの群落は凄いですね、こちらのシロヤシオ咲く風景とちょっと違っていて新鮮です。こちらでは大抵は鬱蒼と茂る木々の間に咲いています。今週末は私もシロヤシオを見に出掛けようかと思っていますが・・・。
インレッド
2014/06/02 08:55
新潟周辺はシロヤシオは無いので、一番近いのは那須連峰でしょうか。鈴鹿のシオヤシオは笹原に木が点在して、面白い植生ですね。
山の傾斜は、燕岳への戦尾根は平均傾斜21.3度、前穂高岳の重太郎新道は平均傾斜28.3度、烏帽子岳へのブナ立尾根は平均傾斜24.8度などというデーターがあります。ただ、これは平均したもので、九十九折に良く踏まれた道ではもっと緩やかになってきますね。30度を超すと、壁状に思えるのではないでしょうか。
さすらい人
2014/06/02 18:09
こんばんは。
“竜の背中”前に紹介して頂いたような気がします。この景色見たような気がするのですが、記憶違い?ではないですよね。
「羊の群れ」ですか、なるほどです。このようなシロヤシオの群落は見たことがありません。摩訶不思議です。 
カスミッシモ
2014/06/02 20:20
いつも美しい写真をありがとうございます。鈴鹿山脈はまだ一度も行ったことがないのでいつか挑戦してみたいです。
傾斜角の計れる装置は楽しそうですね。(^_^)
KURI
2014/06/02 20:57
傾斜角測定器?初めて知りました。
面白そうですね、持って歩いてみたかった!
何も知らない浦島Taoです。
草原に羊のように点在するシロヤシオ、珍しい光景ですね。
シロヤシオで忘れられないのは、那須連山と麓の北温泉を
結ぶ中ノ大倉尾根です。
延々とシロヤシオのトンネルが続きます。
尾根の名前、間違っていないかと検索したら、あらら!
お馴染みになったインレッドさんが、松葉づえで登られ
た記事に出会いました。
左は松葉づえを突き、右足で登った・・・と。
凄い!!中ノ大倉尾根のシロヤシオ、その位、見事なのです。
Tao
2014/06/02 23:04
シロヤシオの群落 美しいですね。
九州では見かけません。
尾根伝いに見晴らしが素晴らしい♪
リズムよく愉しく歩けそうですね。

ログの大好きな徳さん
2014/06/03 06:27
この週末は本読みさんもシロヤシオを満喫していらしたのですね。
“竜ヶ岳”というタイトルを見て関東人の勝手な思い込みで
富士五湖近くの竜ヶ岳にいらしたのかとびっくりしたら・・・
鈴鹿山脈にもあったのですね〜
(どうも自分基準で物事を考えてしまいます)(^_^;)

稜線の感じが素敵な山ですね。
この稜線なら気持ちよく歩けそうです〜
シロヤシオが羊の群れのように見えておもしろいですね。
mikko
2014/06/04 23:24
あつこさんへ
この日は日本中が暑かった もう夏の気温です。
しかし、今週は日本が北海道を除いて とうとう梅雨になりました。
温度も落ち着きました。
今年は冷夏だといううわさもありますし、お天道様の気持ちはわかりません。(笑)
本読みと山歩き
2014/06/07 07:16
インレッドさんへ
このお山の羊さんは、ドウダンツツジだと勘違いしていました。
確かに、
シロヤシロがこんな風に散発的に自生しているのは珍しい風景かも知れません。
インレッドさんのシロヤシロを楽しみにしています。
本読みと山歩き
2014/06/07 07:20
さすらい人さんへ
おはようございます。 
シロヤシロは新潟にはない!?そうですか、太平洋側に多く分布するのでしょうかね。
勉強になりました。
山の斜面は図り方が難しいですが、最大30度でした。
これが長距離あると、そうとう体に応えます。
傾斜計で30度というとそんな大した傾きでないので、がっかりします。(笑)
今年の夏は楽しみです! 壁上の傾斜もなんのその
本読みと山歩き
2014/06/07 07:27
カスミッシモさんへ
この山は2007年11月に歩いています。あの竜の背の写真もほぼ同じアングルでとっています。
すばらしい記憶力で、(本人も覚えていないのに)驚きです。
シロヤシロが紅葉していて綺麗でした。
(ブログではドウダンツツジと勘違いで書いてあり、お恥ずかしい限りですが…)
みなさんのブログを拝見しても、こんな羊の群れはみたことがありません。
たしかに貴重な植生かもしれません。ぜひ一度ご訪問ください。(笑)
本読みと山歩き
2014/06/07 07:34
KURIさんへ
大津と鈴鹿は近いですよ〜 滋賀県側は山が深いのでアプローチが長いですが。
でも石グレ峠の下にはトンネルも繋がりましたし、鈴鹿の三重側もさらに近くなったのでは
ないでしょうか?
ぜひ、お試しください。
(ただし、この山は三重県側から峠までは通行止めです)
この傾斜計、完全なおもちゃですが、いつか大文字山でも使いたい(笑)
お値段も1000円もしませんよ、マニアックすぎますが…
本読みと山歩き
2014/06/07 07:38
Taoさんへ
「中ノ大倉尾根のシロヤシロ」ですか、
複数の方がおっしゃるので、見事なものなのでしょうね!
遠くてそうそういけませんが、思えておきます。

この傾斜計は、建築屋さんが簡便的に使うもので、山歩きに使っている人はいないと思います。そもそも人工物と違って、自然の山の傾斜は図るのが難しいですしね。
単なる癒しの「おもちゃ」として楽しむだけです。
知らなくて当然ですよ〜〜 誰も知りませんから(笑)
本読みと山歩き
2014/06/07 07:46
ログの大好きな徳さんへ
シロヤシロは九州でも一般的でないのですね〜 
ちょっと背の高い白いツツジのイメージです。
山頂部がなだらかで高原状になっているのは鈴鹿北部の山の特徴で、
確かに歩いていても気持ちが良いのです。
本読みと山歩き
2014/06/07 07:49
mikkoさんへ
檜洞丸のシロヤシロはこの山より規模が大きそうですね〜
それも最盛期とはうらやましい。こちらは、この時期ですと、もう終わりでした。
写真は、元気のよい木の花を撮ったのです。
うっそうとした山の中でみるのもよいですが、こんな風に高原状のところを眺めながら歩けるのも乙なものです。
真っ青な五月晴れの下、真っ白い花をみるのは気持ちが良いですしね!
本読みと山歩き
2014/06/07 07:54
本読みさん今年はひつじさんたくさんいましたね!
私はここ何年かシロヤシロと縁が薄くなっています。
去年は檜塚で少し見る事が出来ましたが、
行ったり来たりしていると、どうしても見逃しがちですね。
でも、今年は竜の羊さんはあちこちで見られますね。
さえ
2014/06/09 16:30
さえさんへ コメントありがとうございます。
ありがとうございます! たくさんいました。
この2週間ほど前はもっといたようです。
ローカルTV局でも放映してました、あたり年なんでしょうかね。
原村と京都をいったりきたりとは贅沢ですね〜〜〜 原村日記もたまに覗いていますよ〜〜
本読みと山歩き
2014/06/09 19:41
今年は当たり年だったようですね。
行きたかったのですが登れていません(>_<)
ひつじさんが沢山見れるのは2〜3年後になりそう。
来年はすくないですよね〜
みかん
2014/08/03 23:05
みかんさんへ
お久しぶりです〜 2〜3年周期だとは知りませんでした。
鈴鹿も南部が有名どころのようですね。
数年後に釈迦や国見などを歩いてみます。

また精力的に山歩きをされているようですね。
近畿の山の記事のアップを楽しみにしております。
本読みと山歩き
2014/08/05 05:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
竜ヶ岳【1,099m】〜群れを成すシロヤシオ 本読みと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる