本読みと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 古城山【175.2m】〜海峡を制するものは…

<<   作成日時 : 2014/11/22 16:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 16

この週末は遠方へ出張でした。仕事が終わり、簡単に登れる山がないかと・・・簡単に登れ?歩けました。
画像

門司と下関を結ぶ関門海峡! を眼下にする古城山です。標高は175m。
画像

関門海峡は、九州の門司と本州の下関を結ぶ海峡です。一番狭いところで、たったの600m。

歴史を紐解けば、地球は最終氷河期2万年前から激しい気候変動が来る返され、温暖化が進みます。
約6000年前に、海面が140mも上がり、この海峡から海水が入り込み瀬戸内を形成、海水の出入りで海峡は浸食され、水深は現在47m。
それ以来、本州と九州を結ぶ最短距離となるこの海峡は様々な歴史を刻みます。

12世紀、平家が門司城が造営(石垣が残っています)
16世紀、巌流島の決闘 *最初の写真の夕日の傍の島
画像 画像

第二次大戦中、砲台設置 (砲台跡があります)
1942年、関門トンネル開通 
1973年、関門橋が開通
船の通行料は一日700籍、トラックの通行料は3万台、大動脈です。
画像

画像

縄文人も坂本竜馬もこの風景を眺めたことでしょう。
尾張に住んでいると夕日に映える海をみることはほとんどありません。
こんな時間に誰もこの山に登る人はなく・・・(笑)
・・・一人達成感を味わいながら、しみじみと美しい景色を見惚れていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
夕陽に映える海は、春と秋が特に綺麗ですね。
陽が沈むのが早くなって勤務時間後には暗くなってしまいます。
公園の展望台からの夕日は哀愁を帯びていいですね。
ログの大好きな徳さん
2014/11/22 16:16
ログの大好きな徳さんへ
コメントありがとうございます。
長崎ならば日々、海に沈む夕日を眺めることができるでしょうが、
当方にはなかなかその機会がありません。
誰もいない山頂からこんな景色を眺めていると、“哀愁”を帯びること間違いなし。
西に大きく開けていて、なかなか良いですね。九州は!
本読みと山歩き
2014/11/22 17:15
海と夕日が美しいですね〜。私も海の近くに住んで長いですが、海の景色は飽きることがありません。
あつこ
2014/11/23 06:17
あつこさんへ
こっちでは、海に夕日が沈むのが見えるでしょうね〜
さぞや美しいことでしょう。
大阪湾は西に向いているので、これに近い夕日が見れるはずです。
でもデボンには叶わないか〜〜(笑)
本読みと山歩き
2014/11/23 21:10
本州と九州を渡す橋の長さが、琵琶湖大橋よりも短いことに驚きました。そして、流通の要ということで言えば、昔の瀬田の唐橋と比べてしまいます。山に登って見下ろした景色の中には深い歴史があって、それを知るとその景色の色合いも深みが増して見えてきます。本読みさんにオススメいただいた「仏教の授業 法然親鸞一遍 」(梅原猛著)、とてもおもしろく読ませていただいています。よい本を教えていただきました。ありがとうございます。
KURI
2014/11/24 08:35
こんにちは。
美しい夕日です。ゆっくり陽の落ちる姿を見ていると時の流れを忘れるでしょう。
縄文人も坂本竜馬も美しいと思ったでしょう。でも、何を考えたかは分かりませんね。本読みと山歩きさんは何を考えたでしょうね?
カスミッシモ
2014/11/24 13:45
KURIさんへ
九州と本州は指呼の間です。
琵琶湖大橋よりも狭いですか〜 なるほど、そうかも知れません。
日本の地形は複雑で、いろいろ成り立ちなど調べてその場へ行ってみると驚くことばかり!
飽きることはありません。
「仏教の時間」は○○編 といつくかあるようですので…お楽しみ下さい。
先週は、奈良の談山神社に行っていました。
「大化の改新」の談合をしていた場所です。十三重の棟と紅葉がすばらしかった。
奈良もなかなかです。今度は神社のお勉強もしなくては…忙しい(笑)
本読みと山歩き
2014/11/24 13:58
カスミッシモさんへ
コメントありがとうがとういます。
ゆっくりと夕日を眺めていると、地球の回転スピードをいやがうえでも意識します。
時を忘れる反面、時を意識する時でもあります。
少し肌寒い、誰もいない山頂で、“時”を思っておりました。
早く感じる時、ゆっくり時間が流れる時、時間の感じ方はその人しだいです。
なんて…(笑)
本読みと山歩き
2014/11/24 14:03
今晩は。
仕事の合間にちょこと山に でしたか、
なかなか夕日の眺めが良い山ですね。
忙しい中 こんな事が出来るのも余裕でしょうか
年末にかけ益々忙しくなると思いますが
たまには、こんな余裕を持ちたいものです。
インレッド
2014/11/24 19:34
インレッドさんへ
仕事を終えてから行っていますよ。ご安心下さい。
ここは、ほとんど車で行けました。海に映える夕陽は美しいのでこんな景色は大好きです。
私の仕事は年末から3月末までが忙しいシーズンとなります。
いつも余裕を持った仕事を心がけておりますが、なかなか思うどうりには…
本読みと山歩き
2014/11/24 20:21
ひと仕事終えたご褒美でしょうか
素晴らしい夕陽ですね。
この後にふぐちりで一杯と行ければ最高なのでしょうが…
お車でしたね
σ(^_^;)
mikko
2014/11/27 18:24
mikkoさんへ
関東ではなかかな見ることができない? 山からの海と夕陽です。
なかなか旅情深く、哀愁がただよう様はその背景の歴史と共に味わい深い。
この後は、ふぐちりとは行きませんが…博多でもつ鍋で一杯でした。
博多も良いです。
本読みと山歩き
2014/11/28 16:28
綺麗な夕日の写真ですね♪尾張に住んでいると、たしかに夕日の沈む海なんて見ることはないですしね〜(^^)/
お話変わりますが、ブログでご紹介戴いた「神去なあなあ日常」を先日読みましたよ。故郷の名張が、ヨキがこっそり行くスナックのある町として出てきたので、笑っちゃいました(^O^)。
やまや
2014/11/29 00:59
やまやさんへ
尾張や鈴鹿を持つ三重からも反対側で見えないんです〜
山に沈む夕日も見事ですが〜 海に映える夕陽は茜色が倍に広がり〜すばらしい!
神去なあなあ日記では名張が出てましたね〜
いかにもありそうなスナックが良い感じでした。映画もあるので、「やまや」さんの懐かしいふるさとがたくさん出てきてるのでは!?
ご覧になってなければ、ぜひご覧ください。
本読みと山歩き
2014/11/29 12:57
出張の合間の
山登り、こういうの堪りませんね!
山から海を眺め
それも歴史の舞台とくれば
思いも深まります。

来年の大河ドラマはこの辺?
今年は山で恥ずかしい思いをしました。
清兵衛
2014/12/21 13:08
清兵衛さんへ 
コメントありがとうございます。
出張時はたいみんぐがよほどあわないと、山頂へは行けません。
久々に一人で、終わったのが門司という場所でした。
それでは関門海峡を見渡せる丘へ…というわけです。
来年の大河ドラマは山口県ですね〜 この関門海峡の先です。
海峡の反対側の山口県側の砲台も舞台になるようですね〜 たのしみです。
 千丈ヶ岳の記事を読みました。奥様 大事にならずに良かった。
周到な準備と心構えが助けたことと思います。百名山達成まであと少し、頑張ってください。
本読みと山歩き
2014/12/21 18:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
古城山【175.2m】〜海峡を制するものは… 本読みと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる