本読みと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 車窓から楽しめる山々〜新幹線のお楽しみ

<<   作成日時 : 2015/02/08 15:20   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 16

今年に入って、週末は新幹線で名古屋と大阪の往復が多い。 山を歩けないのがストレスです。
時々、ブログでアップしていましたが、飛行機からの景色は、いつも窓側に座り 嬉々として航空路線図を眺めながら、山を上から覗いていますが、
鉄道の旅も、まったく同じです。(笑) 

進行方向を考え見たい山方向の座席を抑え、窓側にあったかいコーヒーを置き、こころ静かに 山を眺めます。
 名古屋は尾張平野のど真ん中にあるので、平原の河川をひた走りますが、進行方向に山々が迫ってきます。
関ヶ原です。 
東海道新幹線は、太平洋側を走っていますが、この関ヶ原超えだけは日本海の影響を受けるエリアなので、時々雪景色に出会えます。
 まず、立ちはだかるのは「養老山地」。
逆断層活動により生まれた山地でこの山地を皮切りに西側は大阪まで山地が続きます。 
           <養老山地:幅10km、南北25km、400〜900mの山の連なり>
画像

関ヶ原を過ぎると、「伊吹山」がで〜んと控えております。 さすがに日本百名山、標高は1,377mですが、日本海側の影響を受け雪を頂き、高山の趣です。
                            < 伊吹山 1,377m >
画像

伊吹山を越えると滋賀県に入り、しばらくは近江平野が広がります。 びわ湖の東側は意外に広い平野なのです。
近江八幡辺りから、琵琶湖(新幹線から琵琶湖はほとんど見えない)を挟んで 遠目に 「比良山地」 を望むことが出来ます。 近江八景の一「比良暮雪」。
最高峰は武奈ヶ岳(1214m)、どの山も歩くと 琵琶湖を望めることができる すばらしい山域。 今年も歩きます。
尚、「鉄道唱歌」(汽笛一斉新橋を…古い!?)に近江八景はすべて歌われており、比良編もあります。

「♪比良の高嶺は雪ならで 花なす雲にかくれたり 矢走(やばせ)にいそぐ舟の帆も みえてにぎわう波の上」

                     <比良山地:南北約20km、東西約15km >
画像


さて、東側は湖東と呼ばれるエリアで、数ある山々を眺めることが出来るのですが、秀麗なのは「三上山」でしょう。
新幹線は目の前を通ります。
紫式部が「打ち出でて 三上の山を 詠れば 雪こそなけれ 富士のあけぼの」と詠んだように近江富士と呼ばれます。 もう、“京”に近い。
              < 三上山 432m >
画像

びわ湖の最南端の大津市をすぎ、比叡山を眺め、一山こえると京都盆地です。
京都駅を超えると、西北に「愛宕山」。 古来より火伏せの神様として京都の住民の信仰を集めております。 
京都の盆地からは高さでは北東の比叡山とこの愛宕山が目立ちます。
             < 愛宕山 809m>
画像

この区間、のぞみは 名古屋→新大阪 186.6km、52分で走り抜けます。
スピードが早いので写真(スマホ)で撮るのが大変です。(笑)  
それでも車窓から眺める山々は魅力的で、いつも うっとり と眺めております。 
画像

2027年には東京‐名古屋にリニアが繋がり、2045年にはリニアが大阪まで延長され 大阪まで 27分!!
ほとんどトンネルでスピードは倍近くとなり、こんな景色を眺める余裕などないでしょう。 
山を愛でるには、やはり ゆっくりと歩く!!に限る、歩くスピードが理にかなったスピードなんだな〜

★写真(鈴鹿や天王山)を追加した最新の記事は、 こちらのHPをご覧ください。★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
山に興味を持つようになってから、新幹線は数えるほどしか乗っていません。名古屋以降はこんな山が見えるんですね。名前がなかなか分からなくて。
山に登った後、帰りの夕暮れの車窓から見る山の景色が好きです。
カスミッシモ
2015/02/08 15:32
カスミッシモさんへ 
さっそくのコメントありがとうございます。
名古屋ー東京も結構乗るのですが、これまたいろいろ見えます。富士山や丹沢はもちろん、伊豆半島の山、静岡の奥の方にある雪を冠った峰々(南アルプス!?)。
いつか記録に残しておきたいと思います。
「夕暮れの山の景色」同じく大好きです。山を歩いた思い出とともに、哀愁に満ちた情景がとても素晴らしいですね!!!
本読みと山歩き
2015/02/08 16:02
こんばんは。
たまには生の山もいかがですか!。
ところで「黒部の山賊」どうやら読み終えました。
 私の知らない山の姿と生活が身近に感じられました、それにしても小屋番も山賊もスーパーマン並みですね、本当なの?と思ってしまいます。
伊藤新道、かっては年間1万人もの利用者が有ったとか、あの登山道をと信じられない程の数です・・・私も一度昭和40年代前半に下山に利用しておりますが。
 スリル満点の登山道とだけ憶えております。
MORINOBUNA
2015/02/08 20:10
飛行機も列車もやはり窓側の席がいいですね〜
山並みが見えてくるとわくわくしますね。
ここのところ我が家は飛行機の窓側席をゲット出来ず悶々とした気分で空の旅をしていますが…

伊吹山はやはり迫力がありますね〜
山を眺めるだけでなく歩ける時間が取れるようになればいいですね。
mikko
2015/02/09 09:08
里から見た山というのも興味深いですが、新幹線や高速道路の車窓は良い展望地ですね。私が乗るのは上越新幹線が主ですが、山岳展望という点では高崎付近が面白いですね。西には、西上州の岩山に浅間山、遠くには八ヶ岳を望むことができます。最近では展望ソフトで各地点での展望図を描くことができるので、車窓からの眺めでの意外な発見があるかもしれませんね。
さすらい人
2015/02/09 18:22
 どれも登ったことのある身近な山々なので、読ませていただいている時もつい顔がほころんでしまいます。次は名古屋発特急しなのから見える山々でお願いします。(^_^)
KURI
2015/02/09 19:41
母の実家が岐阜なので、名古屋大阪は新幹線でよく移動しました。景色もなんとなく見覚えあります。
ところっで、本当にリニアモーターが走るのですか??私が小学生の頃、学研の学習と言う雑誌の後ろ表紙にリニアモーターカーのことが書いてあって,「あと数年後には」という感じだったように覚えてます。本当に実現したら、あれから50年後くらいになります。
あつこ
2015/02/09 23:19
雪を頂く山には滅多に出会えない九州暮らしなので 強い憧れがあります。
仕事で白き峰々を観ると 登ってみたくなるでしょうね。
ログの大好きな徳さん
2015/02/11 09:38
お忙しい中、一時の楽しみでしょうか。
比良の山並が良いですね。こちらでは新幹線に乗っての旅は大抵が東京までですが、30分そこそこで着いてしまい、本を読む暇もありません。コーヒ−を飲みながら窓を眺めて居ればアッと言う間に着いてしまいます。コーヒーと言えば最近は朝車に乗って仕事に行く時も、山に行く時もセブンイレブンのドリップコーヒーを飲んで出掛けるのが癖になってしまいました。これが結構美味しいんですよ!!。
インレッド
2015/02/11 14:02
MORINOBUNAさんへ
”生の山”とはうまい表現ですね!
そうです、生に勝るものはありません。雪が消える前に近場の雪山を歩きたい!
あの無音の世界が大好きです。
「黒部の山賊」は、ほんとですかというスーパーマンや驚く話が一杯ですね。
山小屋で読めば臨場感がわくことでしょう。
今年の目標は丹沢と雲の平といたしましょう! 行けるかな〜
本読みと山歩き
2015/02/11 20:12
mikkoさんへ
飛行機も電車も船も進行方向と窓側には注意せねばなりません。
確か、旦那様も大好きだったかと。(笑)
ここにご紹介した山は全て、歩いたことがあるのですが、車窓からの景色では
伊吹山の存在感がぴか一です。
スカイラインが通って、簡単に行けてしまうので、お手軽すぎるのが玉にきず。
いつか新幹線でこの辺りを通るときのご参考にしてください。
でも、やっぱり自分の足で歩かないとストレスはたまります。
本読みと山歩き
2015/02/11 20:17
さすらい人さんへ
上越新幹線は新潟から東京まで一度だけ乗ったことがあります。
山また山の県境を越えて関東平野に出たときは解放感は半端なかったですね。
その時は高崎から山側をみる余裕がなかったです。
今なら多少の山座同定ができるので、たのしさ倍増になるでしょう。
コメントありがとうございました。
本読みと山歩き
2015/02/11 20:21
KURIさんへ
本当は比叡山や大文字山も、天王山やサントリー山崎工場など写真でとったのですが、写真としては今一なので掲載を見送りました。
次は「特急しなの」ですか〜(笑) 
チャンスがあれば、チャレンジします。
木曽辺りは谷間を走るので、有名どころは塩尻を超えてからかもしれません。
本読みと山歩き
2015/02/11 20:26
あつこさんへ
リニアはもう現実です。東京と名古屋間は2027年です。あとたったの12年後!
たしか工事は始まりました。
毎夏、帰ってきている あつこ さんは、12回目の夏に乗れるのです!
お楽しみに。(笑)
本読みと山歩き
2015/02/11 20:29
ログの大好きな徳さんへ
九州ではたしかにあまり見かけない景色かもしれません。
大山は雪が降るのでこんな感じの山景色になるのですが・・・
いつか、冬にキャンピングカーで冬景色ツアーにお越しください。
きっと歩きたくなりますよ!
本読みと山歩き
2015/02/11 20:32
インレッドさんへ
冬山はインレッドさんのブログでいつも我慢しています。(笑)
でも、安直安全にあるける雪山は今冬も一度は歩きたいと思っているわけです。
伊吹山あたりは良いのですがね〜
比良山地は以前も歩きたいっとおっしゃっていましたね。
ここは季節を問わずとてもよい山域です。お時間を造ってぜひ歩いてみてください。
麓には琵琶湖あり、おいしい食べもあり、歴史あり…お勧めです。
本読みと山歩き
2015/02/11 20:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
車窓から楽しめる山々〜新幹線のお楽しみ 本読みと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる