本読みと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 『クライマーズ・ハイ』〜御巣鷹の夏と「山の日」

<<   作成日時 : 2016/08/11 16:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 4

物語は、同僚の息子と衝立岩に向かう所から始まります。
夏 1985年8月12日、日航ジャンボ機が御巣鷹山に墜落、主人公は、北関東新聞の記者で、日航墜落のデスクとして全権を任されます。
その日に、同僚の記者と、衝立岩に挑戦する日でしたが、全権を任された主人公は、衝立に行けず。運悪く、その同僚は倒れ植物状態となり、その挑戦は実行不可能となりました。
17年後にその息子と衝立に挑戦するその様子と、全権キャップとして事故をどう記事にしていくかという苦悩を交互に描きながら物語を進めていきます。
この事故当時、著者は上毛新聞の記者でした。それが故に、組織の壁、スポンサーや読者との関係など、真実味を帯びて、記事が出来上がっていく様子が描かれています。

「どっちだ?(群馬か長野か)」から始まる北関のデスクの第一声、
新聞記者の視点で、記事を描く視点で・・・この史上最大の航空事故が描写されます。
新聞記者の物語を、航空事故という悲惨な出来事が引き起こす人間模様を重厚なタッチで。

この事故の当時、私は大学生で 北海道 小樽から福井の敦賀へフェリーの乗客でした。
テレビ前の黒山の人だかりと「御巣鷹の尾根」が丸焦げになっている映像が鮮明に記憶されています。
「航空機事故史上、世界最大」のフレーズとともに、きっと永遠に忘れることのない事故でしょう。

それ以来、
山を歩くときも、遥か上空を飛行機が音を飛ぶさまを見るたびに、あそこに多数の人が乗っているんだなぁ、安全に飛んでほしいものだと、いつも思うようになりました。本当です。
逆に飛行機に乗っているとき、窓から下を(よろこんで)眺めるとき、この飛行機が落ちませんようにと思うようになりました。これも本当です。

今日は、「山の日」です。
「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨とする8月初の記念日。
当初この日は、8月12日(金)だったらしい。 しかし、この日は、同時に「御巣鷹の日」です。
群馬県の国会議員や知事から異議が出て、11日(木)に落ち着いたそうです。
まことに賢明な判断だと思います。
来年は、たまたま8月11日は金曜日で、今後はハッピーマンデー化していくようです。

「山の日」と「御巣鷹の日」は近い日であることに変わらない。それが悪いわけではありません。
でも、「山の日」が来るたび私はこの事故とその重厚な物語のこの本を思い出すことでしょう。


クライマーズ・ハイ (文春文庫)
文藝春秋
横山 秀夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by クライマーズ・ハイ (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。この事件がおきたとき、私と、いまミラノに住んでいる(山歩きさんもご存知の)Mさんは一緒に初の海外体験で、イタリアにいました。ローマで道の新聞売りのお兄さんが、身振り手振りで飛行機が落ちたことを教えてくれたのを覚えています。その数日後に成田に着いたのですが、空港の日航のカウンターががらがらでした。
あの日のことは、私たち以上の年齢の人は、みんなそれぞれに記憶があるのでしょうね。飛行機の安全はあの頃からますます向上したと本で読みました。
あつこ
2016/08/15 08:18
あつこさんへ
コメント有り難うございます。
初 海外旅行中!?でしたか❗
その二人が今は、海外在住になるなんて、人生は重大な選択の連続の結果ですね。
この事故は自分では選択できない不慮なものですが、生き残った方や遺族が、亡くなった方の分も力強く生き抜くことを願うばかりです。@東京
本読みと山歩き
2016/08/17 08:45
こんばんは。
飛行機に乗る時には、やはり、もしもの時が頭を過ります。航空会社の選択も悩みます。
いつも平常心でいられるようになりたいと思っています。
「山の日」はみなさん有効に使える良い休日だと思います。
カスミッシモ
2016/08/28 20:42
カスミッシモさんへ
コメントありがとうございます。
山の日がハッピーマンデーやフライデーになれば、山行きの幅も広がります。
アルプスの縦走だって可能ですね。
そんな日が来るのを楽しみにしてます。
本読みと山歩き
2016/09/02 07:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
『クライマーズ・ハイ』〜御巣鷹の夏と「山の日」 本読みと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる