本読みと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 段戸裏谷の原生林〜きららの森″

<<   作成日時 : 2016/11/20 18:28   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

今日(11/20)は森歩きです。 愛知県三河地方の奥の奥、段戸裏谷原生林(別名きららの森)を歩きました。
標高は900〜1200mあたりをうろうろ、すっかり紅葉が終わり、訪れる人もまばら。
画像

愛知県最大級の原生林で、一部が一般に開放されています。古くから(大正14年)、学術的に貴重なモミ・ツガ林とし保護林でした。
<ツガ:マツ科ツガ属、東北南部から九州の中間温帯に自生する常緑針葉樹の高木、モミと混成して林を造る>
画像 画像

<モミ:マツ科モミ属、本州から九州の温帯に自生する常緑針葉樹の高木、モミで唯一暖温帯まで分布>
画像 画像

ここもまた立派な樹木がおおく、樹齢は200〜300年の巨木がぞろぞろ。 
ここにはブナとミズナラもあります。太平洋側ブナとしても貴重な林らしい。これまた高木ぞろい、針葉樹と広葉樹の高木が混成しているのも、貴重なのでしょう。

<ブナ:ブナ科ブナ属、北海道西部から九州の冷温帯に自生する落葉広葉樹の高木>
画像

ヨーロッパ中部ではブナは「民族の木」として親しまれ、森の中心はヨーロッパブナ、日本では雪国の山々に力強く成長する白い樹皮の林を造る印象があります。
が、太平洋側にもブナ林があります。遺伝的に少しはちがうようで、葉っぱは小ぶりで枝は大きく広がり…樹皮の色も白というより灰色や黒目の斑がはいります。ゴツゴツしてます。
日本海側が女なら、太平洋側は男っぽい…セクハラでしょうか(笑)
画像
画像

愛知県にこの森が残っているのは、街からから離れた奥山で、暖温帯と冷温帯の境目あたりがなせる自然の造形
でしょう。 ここ数年、樹木に興味を持ってきたので、この森を歩いてみました。 
「学術」だと思って歩けばまた楽し、だんだんマニアックになってきました〜〜〜〜〜(笑)
画像

ミズナラもでっかいやつがいました。これまたブナとよく混成します。
画像

この森は別名 「きららの森」です。 
「きらら」とは「雲母(うんも)」の別称で、ケイ酸塩鉱物を含んでます。きらきらする成分です。英語はマイカ、はラテン語でmicare(輝くの意)を由来。 
高校時代は地質屋"なので、本当はここの土がきらきらしているのを見たかったのですが、そんな気配はありませんでした〜 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。お元気でしたか?
原生林ってよく聞く言葉だけど、一度も開拓されたことのない林ってことでしょうか?今回の記事のメインは木。なんかだんだんマニアックになってきましたね。
もう紅葉は終わりですか?こちらでは、私がイギリスに住み始めて一番すばらしい紅葉となりました。そろそろ終わりですが、まだ木に葉が残っています。
あつこ
2016/11/21 07:15
あつこさんへ ぼちぼちです(笑)
原生林とは人の手げ入っていないことという意味です。
記事のメインは樹木です。なぜなら森林に関する資格を最近とったので、‟森”の魅力をいかに広めるのかを試行錯誤で考えていこうと考えて…まずは樹木からですが、ちょっとマニアックです。
紅葉も樹木の魅力の一種で、今里に下りてきてますよ。里山は見ごろ。
一番の紅葉!それはどんどん写真にアップください。楽しみにしてます。
本読みと山歩き
2016/11/23 07:38
でっかい木ばかりの森なのでしょうか?
さぞや首が疲れた事でしょう!(笑
『森林に関する資格』取得おめでとうございます。
ちゃくちゃくと夢に向かっていらっしゃるようで
今後もマニアックの進化を楽しみにしています。(*^^)v
mikko
2016/11/23 15:01
mikkoさんへ
コメントありがとうございます。
ご推察通り、上ばかり見ているので、首がいたくなりました〜 
資格は確定ですが、まだ合格証は12月にしか到着しませせん。
マニアックにならないような、もりや・地質や・木や・山やを目指します!
本読みと山歩き
2016/11/23 16:16
こんばんは。
原生林はいいですね。
私も26日に箱根の函南原生林に行く予定でしたが、積雪のため中止しました。
原生林の巨木は微妙な環境で育っているようで根っこを踏むと樹勢が弱っちゃうようですね。
カスミッシモ
2016/11/29 18:07
カスミッシモさんへ
もう箱根にも積雪ですか!? 早いですね〜
原生の森というのは微妙なバランスで成り立っているので、ちょっとした自然には起こらない人為行為でそれが崩れるんですね。
根っこは樹木の基本なので、さもありなん。
本読みと山歩き
2016/12/03 07:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
段戸裏谷の原生林〜きららの森″ 本読みと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる