湖北 菅山寺の森【560m】~“阿吽”のケヤキ

最近は森歩きが私の中で流行っています。今日(5月14日)も湖北の森を歩きました。
お目当ては、巨大ケヤキ。 菅山寺というお寺の山門に鎮座してます。 幹周6m、高さ20m。
画像

奈良時代、孝謙天皇の勅を受けた照檀上人が開山、平安前期に菅原道真が宇多天皇の勅使として入山、3院49坊を建てて大箕山菅山寺と改名しました。 
<森の入口>

画像

古刹で社領として長らく保護されてきたのでしょう、周辺は立派な森となっております。
ここは琵琶湖の北(湖北)、日本海気候と太平洋気候のはざまで、落葉樹と針葉樹が混合する森です。
画像

新緑と鳥の囀りのプロムナード、やはりこの季節は気持ち良い。



シャガの群落がありました。相当大規模です。 でも、ひっそりとした大群落。
<シャガ(アヤメ科アヤメ属)の群落:森林周辺の木陰などの、やや湿ったところに群生>

画像

お目当てのケヤキは、いわゆる巨木です。 
画像

菅原道真が44歳の時にお手植えされたという伝承があります。
(本当だとすると)
西暦889年、計算するとこのケヤキ樹齢は1128年となります。
画像

ここまで誰にも会いませんでした。3院49坊を構えた大寺の面影はなく。 訪れる人も少ないのでしょう。
奈良時代から平安、鎌倉と大きな勢力を保ち、江戸時代には芝の増上寺に経典を譲ったとの歴史。 明治以降は住職はおらず、今はひっそりとした古刹です。
画像

画像 画像

このケヤキは、1000年余をここで過ごし、寺の栄枯盛衰を見守ってきた…
日本に巨木は多々あれど、巨木としては樹高は高くもありません。
が、
岩塊のような無骨なその様は、山門に“阿吽の呼吸で控える仁王像”のよう。 
寂しげで、圧倒的で、こころ震わせる大感動の巨木でした。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • さえ

    この辺りは雪が多いので、森もきれいですね。
    一時期余呉トレイルを歩いていたので、少し歩いた事があります。まだまだ整備されていないし、歩きにくい所でもありますね。だから良いのかもしれません。
    2017年05月15日 08:16
  • 本読みと山歩き

    さえさんへ
    コメントありがとうございます。
    行ったのが早朝の為か、あまり人がいませんでした。
    登山口に日本野鳥の会の方が、ハチクマの渡りの調査にきているだけ。
    さえさんはお近くなので、巨木に興味がおありなら是非どうぞ。
    2017年05月16日 06:58
  • suikoushiya

    山門脇のケヤキ、「仁王像のよう」まさに金剛力士像のようですね。
    混合樹種の森は環境変化に強いと聞きます。
    これからも豊かな植生を保って行ってほしいですね。

    2017年05月16日 11:07
  • カスミッシモ

    立派なケヤキ、撮影スポットですね。
    奈良時代からの古刹ですか、素晴らしい所です。
    一千年前の空間に心が落ち着きますし、時々行きたくなるような場所です。
    2017年05月16日 21:48
  • ログの大好きな徳さん

    杜の精気を感じられる古刹ですね。
    社の板壁の白さも 時の流れを語ってくれますね。
    2017年05月17日 11:50
  • あつこ

    こんにちは。森歩き、いいですね。
    最後の写真は圧巻です。思わず子供たちに見せました。トトロの森のようだということで意見が一致しました。
    ところで木って本当に1000年以上も生きるんでしょうか?
    2017年05月17日 22:20
  • 本読みと山歩き

    suikoushiaさんへ
    コメントありがとうございます。
    金剛力士像の方がシックリきますね。
    豊かな森は心も豊になります。
    此れからも、こんな森を逍遥したい、紹介したいものです。
    2017年05月20日 05:50
  • 本読みと山歩き

    カスミッシモさんへ
    秋も綺麗でしょうねー
    早朝で朝の散歩に持ってこいでした。
    千年の歴史はココロも豊にしてくれます。
    この森、四季を通じて歩きたいと思います。
    2017年05月20日 05:55
  • 本読みと山歩き

    ログの大好きな徳さんへ
    無住職のお寺はやはり寂しいです。
    車で行ければもっと人が来れば、住職さんもいるのでしょうが、ちと不便な場所にあります。
    社の板壁にも寂しさを感じますね~
    お身体の調子はいかがですか、またログ造りが再開出来ると良いですね!
    2017年05月20日 06:02
  • 本読みと山歩き

    あつこさんへ
    入口など、確かにトトロの森に似てますね。
    豊な鳥の鳴き声も。
    樹木は条件が整えば、動物より長生きです。死んだ細胞を蓄積しながら、周囲の成長層で分裂しながら常に新しい細胞を作れからです。
    放射性炭素なる測定で年齢の推定はある程度可能で、有名な屋久島の縄文杉は樹齢3000年程度、千年声の巨木な日本にはたくさんあります。
    この巨木を測定したかは不明ですが、二本並んでる立っているのが風格があって雰囲気があって気に入りました。
    来日した際にみたいというならいつでもお連れしますよ‼
    2017年05月20日 06:15
  • mikko

    雰囲気のある森ですね。
    入ると心が洗われるように感じます。
    そして巨木の素晴らしさ!
    なんでもお見通しなんだろうな~
    佇んで暫く向かい合う時間をとりたい森の巨木ですね。
    2017年05月23日 08:30
  • 本読みと山歩き

    mikkoさんへ
    コメントありがとうございます。
    年齢を重ねると千年越えの巨木などみると、あんたは偉いなどと木と会話してしまいます(笑)
    この古木は山門両脇にあるのが物語があって良いです。
    琵琶湖観光のついでに是非どうぞ。
    2017年05月24日 06:57

この記事へのトラックバック