木曽駒 中岳【2,925m】~植生調査という世界

7月29日・30日と木曽駒へ行きました。
でも登山ではありません。 「植生モニタリング調査」という初挑戦の活動です。

              【木曽駒中岳から乗越方面】
画像

所属している「NPO山の自然学クラブ」がこの木曽駒で10年以上、植生の変化を定点観測しています。
その活動に興味本位で参加したのです。
              【千畳敷カール:高山植物が花盛り】
画像

場所は山頂、中岳や島田娘周辺ですが、スタートは千畳敷、高山植物はこの千畳敷カールに多くの種類が集まっています。
私もそれなりに山を歩いてきたわけで、花や植物の名前などそれなりに知っています。

              【霧の中のお花畑】
画像

私:これはクロユリですね。湿性の植物で、黒色は場所によって濃淡がありますよね~(と知ったかぶり)
とあるメンバ:そうそう、両性花と雄花・雌花の2種類あって…雄蕊をみればわかるんですようね~(なにそれ)

              【登り途中でのハクサンイチゲ】
画像

私:ハクサンイチゲですね~ 白山一華 ~なかなか良いネーミングですよね(知ったかぶり)
とある別のメンバー:そうですね。この白い部分は「花片」でなく「萼片」ですね。
             ほら裏を見ると萼がないでしょう。植物学では萼と花は・・・ (う~ん、難しくて(笑))

              【乗越への急登】
             
画像

よくよく、皆さんの職業などをお聞きすると・・・
リーダーは大学の植物学の先生、静岡県の自然保護関連の職員さん、博物館の館長さん、レンジャーなどを輩出する自然専門学校の生徒さん・・・
これ以上の「知ったかぶり」をするのをやめて、素直な気持ちでいろいろお聞きすることにしました。(笑)

植生調査の場所はもう、山頂近くです。
私:ここまで来たから、山頂にはいくんですか? (なにげに質問)
リーダー:植生調査が目的ですから、山頂にはいきません。 (あっ、すみません。)

さて、
植生モニタリングってなにをするかというと、写真のような枠を定点に置き、されに仕切られた10cmx10cmの枠の中にどんな植物があるのかをチェックするのです。
これを高山植生のモニタリングプロジェクトGloria(Global Obuserbation Researh Initiative in Alpine Environmentes) という世界的に取り組まれている方法らしい。
画像

たとえば、黄色の枠の中にどんな植物がいるかというと
  ・ヒメウスユキソウ
  ・ガンコウラン
  ・イワウメ
  ・ミヤマダイコンソウ
  ・イヌスゲ
  ・ヒメスゲ
この判別ができるようになるのに、素人の私など半日はかかります。 足でまといだったろうなぁ。
地面にしゃがんだりはいつくばって目をこらしてみます。腰がいたくなるのなんの。
これをあちらこちらの、いろんな条件の定点に移動しては観測するわけです。たいへんな作業です。

でも、高山生態系は人為攪乱に脆弱で温暖化の影響がもっとも出やすい生態系の一つらしい。
だからこの活動は貴重で、しかも、私のような一般人が参加できるところはそうないようです。

参加メンバーはプロと意識の高い人ばかりでした。
こんな研究者の方々のこの種の調査が、高山の自然保護や生物多様性を維持に繋がり、もしかしたら将来の温暖化予想までの道筋に繋がるのかとたいへんな感動を覚えました。
それなりの年齢になって、世界中を仕事で回りいろんな種類の方とも接し、山歩きやそれにまつわる勉強もそれなりにしてきたつもりでしたが、自分に知らない世界がまだまだあると…

こんな世界をもっとよく知ろうと、将来は知らない人々に伝えて、自然をもっと身近に感じていただく活動をしようと改めて思うのでした。
                          【木曽駒中岳山頂】
画像

<追加> 下山途中で プチ救助 もしました。これまた良い経験でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • インレッド

    なかなか良い経験をして来ましたね。
    先日行った化石の宝庫の福地山でも学者のような方が、その木の枠のようなものを持って調べていました。この山には化石があるのですか と尋ねたら「知らなかったですか」と笑われてしまいました。
    2017年08月06日 11:40
  • 本読みと山歩き

    インレッドさんへ
    夏ですね~ 高山での植生調査はこのシーズンしか出来ません。
    良い経験でした。
    福地山もいつかいこうと思ってますよ~
    化石は「地質」と関係してますから~ 楽しみです。
    涼しい時期ですかね。
    人生いつまでも勉強勉強、知らないことを知るのは楽しいことだとまた思いました。
    2017年08月06日 15:52
  • さすらい人

    良い経験ができましたね。
    樹林限界を越すと、ウスユキソウやイワウメの花に目が留まりますが、その他の面積を占めている苔には注意を払っていません。植生全体を見なければいけないということですね。
    うんちく用に二題:
    クロユリは、嗅ぐと臭いことから英語では、Skunk lily。同じく臭いザゼンソウは、Skunk Cabbage。
    ハクサンイチゲの学名は、Anemone narcissiflora。アネモネは、ギリシア神話で、美少年アドニスが流した血よりこの花が生まれたことに由来。ナルシスは、ギリシア神話に出てくる美少年で、水面に写った自分に口付けをしようとしてそのまま落ちて水死して、水仙に変わったといいます。なお、このナルシスに恋してふられたのが、誰が話した言葉を繰り返すことしかできない呪いをかけられていた森のニンフのエーコーで、悲しみによって声だけの木霊になってしまいました。
    2017年08月07日 20:04
  • 本読みと山歩き

    さすらい人さんへ
    「うんちく」ありがとうございます。
    苔も奥が深いそうですね。メンバーの方で苔を調べてる人もいました。
    まだ、未開の部分がたくさんあるそうです。
    ハクサンイチゲの語源も、解説いただくと物語があって、大変良いですね。
    学術的でなくとも、その花をどんな思いで名付けたか…そちらの方が興味が湧きます。
    ありがとうございます。
    2017年08月08日 07:08

この記事へのトラックバック