本読みと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 生駒山【642m】〜故郷の山、歴史の道

<<   作成日時 : 2018/01/28 17:58   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 12

大阪の友人達との宴会の翌朝(1月28日)に、生駒山を歩いた。大阪と奈良の県境に屏風のように横たわる生駒山地の主峰。 日本書紀における神武東征の一節にも記録されている。
それ以上に、私には生まれてから大学まで過ごした大阪のどこからでも見ることができる、故郷の山。
画像

近鉄電車の石切駅、石切神社上之宮から歩き始めます。 辻子谷コース。

このコース、石仏のお堂が88設置されています。弘法大師と四国八十八ヶ所のお寺のご本尊を模した石仏が祭られる。
これは、第三の札所、金泉寺釈迦如来像(左)
画像

それなりの歳になってくると、信仰心が湧いてくるのか、お堂の前で手を合わしながら歩きます。
画像

画像 画像

明治時代にはこの川沿いは水車による製粉(薬)業が盛んで、最盛期は40機あったらしい。
大阪は製薬会社(武田、田辺…)が多い。こんな山奥に立派な家があるのもそんな歴史があるのかもしれません。
画像

山腹には興法寺という、立派な寺。役行者が開基し、弘法大師空海が諸堂を整備したと伝説される寺院です。
こんな山の中に…立派なお堂があってびっくりします。
画像

お寺を超えると自然林の道。古から峠越えの道ですから、石畳。
画像

画像

ゆっくり歩いて2時間弱ほどでスカイラインに出て、山頂にある遊園地に到着します。
画像

この山地は稜線をスカイラインが走り、山の山頂に遊園地がある! 俗化された!?(笑)山頂部です。
画像

この遊園地は、学生時代にバイトしたことがあって、私には思い出の遊園地。冬は休業。
<昔はジェットコースターで、誰もこない雨の日に、深刻顔の女性が一人乗ってきた…怖かったなぁ>
画像

<当時アイドルの森尾由美が営業で歌ってました…懐かしい…>
画像

一等三角点も遊園地の子供用トロッコ電車の敷地内にあり、タッチ出来ません(笑)
画像

話題がそれましたが、展望はなかなか良い、今日は曇りでしたが、それでも
西側は、私の故郷・大阪神戸がど〜んと見えて、六甲山がかっこよく浮かび上がっています。
画像

北側は京都方面、左に愛宕山・右に比叡、間の盆地が京都市です。
画像

山頂には関西各局のTVアンテナが林立してます。これも昔からの風景。
画像

大阪の小学校や中学校の校歌には、この生駒山やちょっと南の金剛山が歌詞に入っていたものです。
私の母校の小学校も例外ではなく。 思わず、それを口ずさむ そんな山頂でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
生駒山、小学校の遠足で絶対行ってるはずですね。記憶はぜんぜんないです。山頂に遊園地なんてありました?今でも営業しているのですね。最近は遊園地、営業難が多いけど、ここは大丈夫なのかな。そういえば私の中学の校歌は、「紫はゆる生駒山」という始まりでした。高校は、「かつらぎのやま〜」で始まる生徒歌でした。
あつこ
2018/01/29 03:25
あつこさんへ
この遊園地は、なんと八十八周年!ですよ。
日本最古の遊具もあるとか。
大学時代にデートで夜景を見ませんでしたか?(笑)
私の小学校効果は「遥かに望む金剛生駒」でした。
今夏帰国の折、お連れしましょう❗
本読みと山歩き
2018/01/29 07:39
山頂に観光施設があると、ちょっと興ざめしてしまいますが、意外と山頂までの登山道は静かで趣があるということがありますね。
生駒山の一等三角点は、係員に言えば、軌道内に入って触ることができるようですね。御在所山の一等三角点は、観光施設化して大きな看板が立てられて、鎖の柵が設けられていて、鎖をまたいで入って三角点に触るのが観光客の目もあって難しくなっていました。自衛隊の基地の中や上蓋の下とか、触れることができない一等三角点もいろいろですね。
さすらい人
2018/01/29 11:15
石仏があったり立派なお堂が建っていたりと風情のある登山道で素敵な山のだな〜と思いつつ拝見していたら
山頂は思いきり昭和な雰囲気の俗世が広がっているんですね!
救いは冬季休園中という事でしょうか?
開園時期だと登山者スタイルのこちらの方が場違いに見られてしまうかも?(笑)
山頂で思わず校歌を口ずさんでしまう故郷の山があるなんて羨ましい限りです。
mikko
2018/01/29 19:37
さすらい人さんへ
生駒山は冬季休業で守衛さんしかいませんでした。でも中に入りたくて、あそこに三角点がありますね〜とまで守衛さんに話しかけてんですが、「知らんなあ〜」と言われました(笑)
営業中ならいけたんですかね〜 一等三角点にもいろいろあるんですね 
でも、確かに登山道は古道で趣のあるよい道です。いくつもルートがあるので、機会を見つけて歩いてみます。
本読みと山歩き
2018/01/29 20:40
mikkoさんへ
場所がら歴史のある場所なので、それぞれに味のある良い登山道がたくさんあるようです。
山頂は、おっしゃる通り、冬季休業中なので人は登山者と遊園地を保守する人数人だけでした。
でも、展望最高! 登山道は素晴らしいので、山頂には目をつむります。
こんど大阪神戸に来られたら、屏風のように続く東の山地を眺めて下さい。(笑)
本読みと山歩き
2018/01/29 20:49
展望が最高ですね。
なるほど愛宕山も見えるのですね。
生駒山はアンテナのいっぱいたってる山、どこからでも確認できる山です。
夏の夜は遊園地の灯りが我が家からも見えますヽ(^。^)ノ
みかん
2018/02/06 23:38
みかんさんへ
コメントありがとうございます。
そぅ、みかんさんが歩いていた愛宕山は、ここから見たんです。
夏の遊園地は夜間も当時からやってました。
これも懐かし〜です。
本読みと山歩き
2018/02/07 20:46
生駒山、僕にとってもルーツみたいな山です。
子供のころは学園前に住んでいたので、よく父親に連れて行ってもらいました。
虫取り網持って下から歩いたり、ケーブルカーに乗って遊園地に行ったりしましたよ。
やまや
2018/02/11 22:45
やまやさんへ
ルーツ”そうですよね!
帰りはそのケーブルで奈良(生駒)に出て、学園前通って、西大寺で乗り換え、京都へ向かいました。
奈良側からみるとゆったりして大きなか前に見えますから、そこもまた良い。
山頂には、ケーブルで来て雪で遊んでいる親子ずれをみました。
今も変わらぬ風景ですね。
本読みと山歩き
2018/02/12 08:02
突然ですが、お邪魔します^^;
生駒山は山歩き仲間と、今年の1月にグループの初詣も兼ねて1月中旬に登っています。
辻子谷コースには、
石仏のお堂が88設置され、弘法大師と四国八十八ヶ所のお寺のご本尊を模した石仏が祭られるんですか!
全然知りませんでした。
私達は山頂で食事を済ませ、興法寺にお参りして、石切神社へ下りました。
「生駒山から石切神社へ(2018.01.13・土)」
で、長文記事にしています^^;
また登りたくなりました
アルクノ
2018/10/22 11:37
アルクノさんへ
コメントありがとうございます。
記事を読ませていただきました〜私と逆コースですね。
私は、山頂の後、ケーブルに乗って下りました。
この山は、歴史があるのでいろんなコースとコース毎に歴史があったどれも良いです。学生時代は良く歩きました。
金剛、生駒、和泉山脈・・・どこも良い。
アルクノさんブログは、どれも対策で読み応えがありますね!
時々、おじゃまさせていただくますので、よろしくお願いします。
本読みと山歩き
2018/10/23 20:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
生駒山【642m】〜故郷の山、歴史の道 本読みと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる