本読みと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 越前 吉野ケ岳【547m】〜越前五山を制覇したものの

<<   作成日時 : 2018/06/02 16:39   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 8

今日6月2日(土)は、越前五山の最後の「吉野ケ岳」でした。別名「蔵王山」。
蔵王大権現前鳥居が正式な登山口(写真)ですが、道が荒れているので100m先から歩き始めます。

           <泰澄木・蔵王木というご神木〉
画像

そもそも、越前五山とは…
奈良時代に活躍した泰澄は養老元年(717年)に白山を開山、白山信仰の基礎を造り、平安時代に発展します。
その泰澄が修行し改善した越前の山が越前五山。
画像

■白山(2,702m)・・・夢のお告げで白山をめざして、36歳の時に開山、修験道として体系化
■越知山(613m)・・・泰澄が修行して仏の教えをさとっか北陸最古の修験霊場
■文殊山(365m)・・・奥の院には三尊像が安置され泰澄の自作とされている
■日野山(795m)・・・養老2年に泰澄により開山、山岳信仰の霊山、西行・芭蕉など多くの歌人に読まれる
画像

さて、
この吉野ケ岳は、修験道の本尊である蔵王大権現が祀られている山、1575年の一向一揆で神社など焼かれたようですが、その後に再建 4月18日には例祭も営まれ現在も続く信仰の山です。
画像

前半は植林地帯を歩きます。 でも古い地蔵や道しるべなど信仰の山感が満載です。
植林のきれいに管理されていいて売り頃の杉はさくさん、下草や低木もあり植生は以外に豊か。
画像

画像 画像


信仰の山は、樹木の伐採が無計画に行われない、この山も「あぁ」とため息がでるほど立派な巨木がたくさんあって、それを眺めて触って見上げるだけで、なにやらご利益があるような気がしてます。
こんあまっすぐな杉みたことない 画像

実は登るのは手軽で一時間ほどで、蔵王大権現に到着
一向一揆の後に再建された社殿が立派、
この山は薬師如来像が多く残されているらしく、病気祈祷の山ではなかったかともいわれている
そういえば、このお札の中央の仏様はやさしげ・・・でも薬壺をもっていないから薬師様ではないか・・・
お願いごとをたくさんして、拝殿前にある箱からこのお札をありがたくもいただきました。
画像 画像

あと10分ほどで山頂です。自然豊かな道で、相変わらず越後の新緑が美しくて
画像

画像


山頂です、標高は547m
・・・こんなに良い山なのに、出会ったのは二人と下った後に登山口で道を聞かれたご家族だけでした。
画像 画像

西には大パノラマ、坂井平野・・・左の方が福井市街・・・右奥はるかに日本海・・・苦しい
画像

山頂から200m離れた場所から白山が望めます あの青峰の向こうにうっすらとね
越後五山のもう一つの共通点は、どの山からも白山が見えるとこと。  泰澄は修行をしつつ・・・悟りを開く。 
 
悟り=「迷いの世界を超え、真理を体得すること」   吾(わが)心(こころ)か・・・
画像

近くの植物園福井総合植物園プラントピアが面白かった・・・植物に興味のある方はぜひどうぞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こうして思うと日本は山だらけですね。人間が山の脇のほんの少しの平地に固まってぎゅうぎゅう詰めになって生きてるのがおかしいくらい。
山で悟りを開く。昔は日本にはそういう人もたくさんいたのでしょうか。
あつこ
2018/06/03 08:01
あつこさんへ
日本の三分の二は山か森です。空いている場所に人が詰まっている・・・正しい
ゆえに昔は山と人が近かった
ルソーの自然に帰れ」ではありませんが、徐々に人は山と森との共存の必要性に気づき始めていると思います。
あつこさんはもう英国で実践してますがね(笑)
本読みと山歩き
2018/06/03 08:12
山はゆっくり時間を掛けて登りたいいですね。
花を愛でながら、歴史に触れながら・・急がず山に居る時間は少しでも長くしたいです。
カスミッシモ
2018/06/03 17:20
カスミッシモさんへ
大山とこの山の人の多さのギャップがすごい
どちらの良い山だと思うのですが
「急がす山に居る時間は長くしたい」そうですね! 
電車や変える時間を気にせずに新緑や鳥との時間を増やせれば、どれだけ心が豊かになることか
いつか実現したいものです。
本読みと山歩き
2018/06/03 18:36
低山でもこれだけの眺望が得られて
お札まで頂ける。
素敵な山ですね!
登山者で賑わっている山よりも静かにのんびり山の空気を吸いながら過ごせる山がいいですよね。
あまり人がいないのも心細いですが・・・
mikko
2018/06/18 19:55
mikko さんへ
山は適度な人口密度ごよいですね!
越前は新緑な季節は最高です。
いつか、ぜひともご訪問下さい。
本読みと山歩き
2018/06/19 22:01
仏心を深め磨く山登りですね。
修験者の四季を通した山歩きに思いを馳せると
己を嗤うことが多い 今日この頃です。
愉しみで歩き回ることも有意義なことだと感じています。
ログの大好きな徳さん
2018/06/25 08:12
ログの大好きな徳さんへ
“自分を嗤う”…最近の徳さんは哲学的ですね。
自然の中にいると、哲学を考えるのもわかる気がします。
ぜひ、キャンピングカー&山歩き&哲学レポを楽しみにしてます❗
本読みと山歩き
2018/06/26 07:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
越前 吉野ケ岳【547m】〜越前五山を制覇したものの 本読みと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる