美女平【最高点1,122m】~タテヤマスギの壮観

10月21日(日)全国的に快晴と聞いて、立山へ飛び出しました!
それも、室堂とか阿弥陀ケ原ではなく、「美女平」! 往復約600kmの遠征!
画像

でも、どうしても、晴天の下 「タテヤマスギ」が見たかったのです。(笑)
画像

室堂から広大な溶岩台地の最後に「美女平」があります。 
山に入った許嫁を追って、この山に来た美しいお姫様が、タテヤマスギに祈願したところ、願いが成就したいという。
画像

この美しい伝説があるように、見事なスギが濃い密度で林立している稀有な場所でもある。
スギは夏の平均気温が24度に達しないと花粉を生産できないらしい・・・この辺りは今はその温度に達しない。
画像

なぜ、この地に巨大なスギが生存しているのか、幹回り6m以上が147本もある。

                <広大な原生林地帯、ブナ林も見事で見ごろ>
画像

画像

「日本の森列伝」によれば、
溶岩台地ができたのは10万年前、1万年前から温暖な時代となり、3500年前にはもうスギやブナの花粉が泥炭層から出てくる。
画像 画像

その温暖な時代に、スギは侵入してきて今に至る。
その後の寒冷な時代となり、この地のスギの生きるすべは実生ではなく、伏状更新という、枝が地面について発根する。雪国での樹木の知恵。
                          【不老杉】
画像

              【火炎杉】                  【おんばスギ】
画像 画像

画像

冬は4~5mの豪雪地帯、厳冬期は-10度にもなるという。 すっくとスギらしく伸びている巨木は1本もない。
幸い、水には恵まれている 年間降水量4000mm、おかげで、巨木は千年は生きられる。
水はこの台地に小さな沢を形成して、また湿度が保たれる。 今日も前日が前で、道はぬかるみビジョビジョ。
画像 画像

              <時折展望が開け立山周辺の山波>
画像


                                【天蓋杉】
玉座(天蓋)の上に次世代が成長して、壮大な姿になっている。 
スギが千年以上もかけて培った、たくましく生きる知恵の結晶がこの地ではたくさん見ることができる。1本1本にそんな意気込みを感じながら、見ているだけで元気がもらえる・・・美女平
画像

この日は快晴で、たくさんの人が美女平に降り立ちましたが、99.9%以上はバスに乗って室堂へ観光へ。あぁ、このマニアックな森歩きをしているのはほんの一握り・・・(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年10月22日 09:02
美女平はいつも通り過ぎてしまいますが、こんな風に歩くのも良いですね。称名滝も歩いて行って見たい所です。
本読みと山歩き
2018年10月22日 21:08
インレッドさんへ 
なかなかの天然林地帯です。
屋久島のスギも見たことがありますが、こちらもすらばしいスギの生きざまを見ることができることができる貴重は場所かと思います。
立山登山の帰りにでも、いつかぜひお立ち寄りください。
カスミッシモ
2018年10月23日 13:33
杉との対話、いいですね。
こう云うゆとりを持った時間の使い方、好きです。
ゆっくり杉と対話してみたいです。
さすらい人
2018年10月23日 19:06
タテヤマスギは、剣岳の登山口でもある馬場島にある中山で見たことがありますが、新潟にも天然杉が沢山あります。新潟県東蒲原郡阿賀町にある将軍杉は、樹齢1400年、幹周り19.31mで日本一の太さがあるといいます。また、佐渡にも天然杉の森があり、訪れる人も多くなっています。これらの天然杉は、植林された杉とは全く違って、力強さを感じさせてくれますね。
2018年10月23日 20:31
カスミッシモさんへ
スギは1種類のはずなのに、屋久島といい立山といい、いろんな姿を見せてくれます。
この地の巨木の密度はそうとう高いです。
この育ちが難しいこの地で、これだけ立派なものがあることが奇跡のような気がします。
立山にお越しの時は、ぜひ途中下車してご訪問ください。
1時間コースでも十分楽しめると思います。それでもゆっくり会話できます。
本読みと山歩き
2018年10月23日 20:43
さすらい人さんへ
今回の紹介した「日本の森」列伝に佐渡の新潟大学の演習林エリアの天然林も紹介されています。
人の手が入らなかったこともあり、異形の巨大スギがたくさんあるらしいですね。
金剛杉というやつが見るものを圧倒するとか。阿賀町の将軍杉ですか、それも見てみたい。
豪雪地帯の巨大杉は風雪に耐えて生き延びていいるが故に、見る人は感動できます。
機会を見つけて、佐渡や阿賀町にぜひ行ってみたい!!
あつこ
2018年10月28日 06:12
千年か~、考えられない月日ですね。そんなに生きるのか~。
ところで最近は顔の写真、解禁になったんですね。
本読みと山歩き
2018年10月28日 20:15
あつこさんへ
スギで千年越えは割とあります。樹木ってのはすごいですね。
だから、巨木を見ると、自らの小ささに気が付き、自然の樹木の偉大さに教えれれることがたくさんあります。
顔の写真はサングラスをしている時のみ、正面を向いてます。(笑)
2018年10月30日 08:28
こういう森歩きも素敵ですね~
どの杉も存在感がハンパ無い!
今流行りのパワースポットなんか比にならないパワーを感じます。
本読みと山歩き
2018年11月01日 20:27
mikkoさんへ
コメントありがとうございます。
美女平駅が入口ですが、お姫様が願掛けした杉があり、そこはパワースポットらしい。でも、森に入った方が見事な武骨な巨木がたくさん?
是非、立山の行きか帰りにお立ち寄り下さい。
2018年11月25日 17:47
熊本県球磨郡水上村から登る市房山にも大杉があります。
丸太ログハウスの研修に行きましたが観る機会を失しました。
次回、市房山に登る時に観に行きたいと思っています。
http://mizukami.net/
本読みと山歩き
2018年11月25日 19:44
市房杉、拝見しました!
まっすくなのに驚きました、古い神社の参道では見かけますが…
あまりのまっすぐに育っているスギは初めてです。
触ってみたい(笑)
覚えておきます、徳さんも訪問したらぜひ記事にしてください。