『日々是好日』~来年も「好き日」でありますよう

『日々是好日』・・・「にちにちこれこうにち」禅の言葉らしい。
最近『日日是好日』という本を読んだ、森下典子さんの「お茶」を通じて感じたエッセイ。
山歩きの人たちに、身近なのは「好日山荘」だろう、「日々是好日の観念を有する主人には、その門戸を叩(たた)く悪日も、握手をすれば乍(たちま)ち好日となり……」という徳富蘇峰の一文に由来する・・・らしい。
なかなか良き言葉だと思う。

がんじがらめの「作法」の塊で窮屈このうえない「お茶」道の世界から、お茶とは「作法」以外は自由で、お茶を通じて 何かを感じ自分で正解を見つけ成長させていることに気づく、
「聴雨」雨の日ですら、茶室で心静かに雨を一心に感じる、この一瞬に没頭する、それぞれの自然を感じる、自分を見つめなおす、それが生きている幸せ…
“学校はいつも「他人」と比べ、お茶は「昨日までの自分」と比べ成長すること”・・・本はそんな物語。

山歩きも、同じかと。
雄大な山岳、美しい渓谷、眩しい太陽、夕日の壮観、朝日の荘厳、星降る夜の静粛、
動物の生き様、植物の癒し、鳥のさえずり、水の鮮烈、落葉の孤独、雪の静寂、
春の爛漫、夏の緑、秋の紅黄、冬の白、
夏の蒸し暑さ、冬の引き締まった空気感、
雨と風と落ち葉、山頂の淹れたての珈琲の匂い、
自然のあるがままを楽しむ、自分を見つめ直す。

【弥勒山から濃尾平野を眺める】
画像

【年末寒波、初雪がしんしんと降り始めた・・・】

雨でも嵐でも、凍える夜でも、それは苦しくて辛いこともある、が、その瞬間を一所懸命に生きること、それが出来れば「好日」となる・・・う~ん、言っていることはわかるが、この境地に至るにはまだ時間が必要だ。

この本を読んで、そんなことを考えるのは、年齢を重ねたせいか、人生の機微に気が付き始めたか…はたまた
さて、
お陰で今年は良き山、良き本に恵まれ まぁなんとか 良き年でした。
来年は「日日是好日」を目指して、好き日と思える日を今年以上に増やそうと思うわけです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

さすらい人
2018年12月30日 11:15
今年もあとわずかになりましたね。
「日日是好日」の解釈を突き進めていくと、「日々について良し悪しを考え一喜一憂することが誤りで、あるがままを良しとして受け入れる」となるという説もあるようです。山でいうならば、季節をとわず、晴であろうが雨であろうが、とにかく山に行き続けることが大切ということになるでしょうか。
では、良い年をお迎えください。
本読みと山歩き
2018年12月30日 17:28
さすらい人さんへ
雨にも負けず…これです。
「サウイフモノニワタシハナリタイ」の境地でしょうか
来年もまた、インドのラダックはもちろんですが、
世界の旅を楽しみにしております。
2019年01月01日 11:18
単独行は、自然との繋がりをより一層深めてくれるようです。
昨年は、久住の星生山・鞍岳で一部単独行でした。
今年は、球磨郡の市房山に単独行がしたいと願っています。
独り山に入ると自然と一体になった気がしますね。
本読みと山歩き
2019年01月01日 16:42
ログの大好きな徳さんへ
明けましておめでとうございます。
久住の単独行、あこがれます。
市房山ですか~未知の山です、記事アップを楽しみにしてます。
今年も宜しくお願いします。
あつこ
2019年01月06日 06:43
それこそまさにマインドフルネスのエッセンスですね。
お茶も禅も同じエッセンスだと思います。
本読みと山歩き
2019年01月06日 18:30
あつこさんへ
まさに、お茶は昔は武士の心得でもあったようです。
そういえば、千利休の茶を秀吉が飲んでいたり、お茶会を催してました。
英語でいえば、マインドフルネス…そうかも知れません。
今年は、日々是好日にて毎日を過ごしたい