東紀州 姫越山【503m】~初歩きは太平洋が眩しい

「戦乱の昔、落ち延びてきた姫君と老武者が峠にさしかかり、動けなかった姫君の為に水を汲みにいった武士が戻ってみると姫君はこときれていた。もやはこれまでと、老武士も後を追った」と登山口にある。
画像

ここは、三重県の南部の伊勢の南西、もう和歌山は近い、温暖な地です。
山の名前を、この由来から「姫越山(ひめごやま)」といいます。 今日は、1月6日(日)、日本海側は天気が悪いので、南へ。
画像

戦国時代の北畠氏の姫様か、逃げてきたのは、伊勢か京か大坂か…何れにせよ、間には紀伊半島の山また山を越えてこなくてはことに到達できない。 そんな物語がこの山にはある。
画像

画像

道は尾根道を歩きます。 植生が特徴的
画像

画像

「樹形は、ごつごつしていて、樹皮には独特の縦方向のひび割れが出る。 葉は倒卵形で長さ3〜6cm、やや表側に盛り上がっており、周辺には鋸歯がある。また、葉はやや厚くて硬く、表面には強い照りがある。
雌雄同株。堅果(どんぐり)は長さ2cm前後で楕円形、色は褐色。 材は緻密で極めて硬い。
比重が大きく、水に入れると沈む。」…Byウイキ

山道はほぼ、この木の群落を歩きます。 
ウバメガシ・・・ブナ科コナラ属 
トベラやユズリハとともに海岸林の代表格、和歌山の県木。  備長炭はこれから作ります!!
尾張でも、見かけはしますが、ここまで続くと 樹が備長炭に見えてきます (笑)
画像 画像



「ひだまり山行に向いている、他の山と違って冬季に登るが良い」by分県登山地図
そういうことで、遠路 ここまで飛ばしてきましたが、 曇りで北風が吹き 雪がちらほら流れてきます(泣)
往復誰にも会いませんでした。 まったくの、一人山行。こんなことは初めて。

山頂近くには、爺塚と姫塚がありました。 悲話を思いつつ、思わず手を合わせます。
画像

画像

山頂は南側が開けていて、リアス式海岸と太平洋を水平線まで 眺めることが出来る。
お湯を沸かして、日清の定番カップヌードルを食べる・・・あぁ ここで食べるとなんて美味しいんだろう!!
一人だったので、結構 長い時間、ひたすら海を太平洋を眺めていました。  はるか昔、力尽きた姫君もこの海を眺めたに違いない。 無念だと思ったか、はたまた大海原は美しいと思ったか。
画像

画像

眼下の浜は芦浜といって、原発の候補地だったらしい、住民運動で廃案となったようだ。
今でも中部電力の私有地。 姫君といい、原発といい、時代の流れにこの地も関係しているわけだ。
画像

さて、今年はいくつ歩くことができるだろう
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

あつこ
2019年01月07日 06:48
海景色がきれいですね。こういうの本当に日本的だと思います。
今年も元気でたくさん山を歩けますように。
本読みと山歩き
2019年01月07日 07:27
あつこさんへ
悲話はあちこちの山にありますね、ここは京や大坂に近いのでリアル感があります、きっと本当だったのでしょう。
日本は山国てあることを実感します。
2019年01月07日 13:44
こんにちは。
山又山の想像を絶する難路だったことでしょうね。
確かに備長炭に見えますよ!
 焼き鳥の美味しい時期ですね・・・いや一年中美味しい!。
霧が濃くても良い景色になりそうですね。
 今年も色々楽しませていただきます。
2019年01月07日 20:41
山歩きは健康の元、心身ともにリフレッシュ出来ます。
海の見える山歩きも良いですね。
本読みと山歩き
2019年01月08日 20:31
MORINOBUNAさんへ
紀伊半島を横切りのは、とてつもなく大変だったと思います。
そんな物語はこの近畿にはたくさんあります。
MORINOBUNAさんは確か、滋賀にもいらしたので、聞いたことがおありでは。
備長炭にみえるでしょ!? 
ぜひ、一度 ご体験ください! (笑)
本読みと山歩き
2019年01月08日 20:34
ミニミニ放送局さんへ
海が見る山歩きは、南北に長く東西に短い三重県にはたくさんあります。
今回で、三重の南部も行けることがわかりましたので、
時々は歩きたいと思っています。
2019年01月13日 09:11
新年になってまだ山登りしていません。
新年会ばかり 頑張ってます。(苦笑い)
しばらくは水上村へログ造りへ通います。
仮組解体後 小国で組み立てに入ります。
本読みと山歩き
2019年01月13日 13:03
ログの大好きな徳さんへ
ログ造りが徳さんの主テーマ!?ですから今年は水上村で頑張って下さい。
よく考えれば、私も(将来の住みかとしての)ログに興味があったので、交流が始まった気がします(笑)
たまには、長崎のイアス式海岸とお山も拝見したいですがね…
よろしくお願いします。
2019年01月13日 19:17
画像を見る限り暖かな所のようですね。常緑樹が多いようで、こちらの山の風景と、かなり違います。最近は結構頑張って登っているようですね。
本読みと山歩き
2019年01月13日 19:38
インレッドさんへ
ここは一応、紀州で 伊勢神宮より南となります。
近くに熊野古道があったりして、まぁ 気候は温暖なほうでしょう。所謂、暖温帯ですね。
よって、常緑樹が多くて、冬でも緑が豊かです。 
ウバメガシなどは房総半島以西の海側に多いでしょうから、群馬では見かけないかもしれません。
ぜひ、一度 伊勢神宮のついでにでもお立ち寄り下さい。
2019年01月15日 01:09
あけましておめでとうございます♪
今年もよろしくお願いいたします。
姫後山は昨年11月に登ったところです(^^)
海辺の山っていいですよね。
降りてくると船が目の前にあったりして、不思議な気分でした。
本読みと山歩き
2019年01月15日 06:52
やまやさんへ
片道170kmあって、帰りの渋滞があるので、伊勢方面はいつも躊躇するのです。
でも、やっぱり行って、熊野灘を眺めると気持ち良いですね。ときどきは、頑張って行こうと思います。
こちらこそ、今年も宜しくお願いします。