テーマ:

日本(北・南・中央)アルプスの眺め~梅雨の晴間のお楽しみ

本日(14日)まで約1週間、日本出張でした。(撮影は10日) 山歩きの時間があるはずもなく、 (例によって)飛行機からアルプスを眺めるだけでした。 梅雨の間を縫っての空撮ですので、見ることができただけ幸せでしょう。 また新潟から南下を始めましたが、北アルプス北部は雲に隠れ、なんとか見え出したのは南部からでした。 槍ガ岳!四方…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

北アの豪快な冬景色【機上から】

今日、17日(土)長期出張から帰ってきました。 上空は快晴! 北アルプスを飛んでくれたので、豪快な冬景色を楽しめました。 今年の夏から秋を振り返りながら、感慨深げにガラスに張り付いて眺めておりました。 北から南へ!! 佐渡島の東を通り、柏崎あたりから本州へ入りました。 これは北アルプスを飛ぶと確信し、カメラを真剣に構…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

白露の空と雲

07年9月8日は24節季の一つ白露でした。 「露が白く見える」という意味で、朝夕が冷え込み露が降りやすい。 太平洋高気圧も南下し、雨が多い季節でもあります。 今日も雨雲が空を覆ったり、日が差し込んだり、秋の変わりやすい天気でした。 雲間から差込む太陽の光、西洋では“天使の梯子”と呼ばれるそうな。 太陽が水をくんでいる、太陽に足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山と雄大積雲

突然の出張で飛行機に乗りました。 今回は近くに富士山が見えました。 季節は「立秋」を過ぎ、暦の上では秋ですが、気温は最高値を記録し始める季節でもあります。 富士山をはるかにしのぐ高さに、雄大積雲(積乱雲、入道雲)がそびえています。 富士山もさることながら、夏の暑さが造るこの造形美にしばし、見惚れます。 太陽で地面が熱せられ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

機上から関東~中央アルプスの山々

本日まで長期出張でした。 帰路、いつものように顔を子供の如く飛行機の窓に張り付け、恐れ多くも 山々を上から覗いていました。 中禅寺湖と男体山/白根山(たぶん)。いかにもそびえる火山群という感じ。 また雪をいただいたいます。是非、一度歩いてみたい。 八ヶ岳と諏訪湖。荒々しい南八ヶ岳の様子や赤岳が目立ちました。 手前、…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

芒種(ぼうしゅ)とどんより夕焼け

今日の夕方は薄い雲と夕日が交錯していました。 夕日もどんよりしているようで、梅雨が近づいている感じがしました。 天気予報も今週から来週にかけて、曇りや雨が多い。 明日、6日(水)は二十四節季の一つ、芒種です。 「芒(のぎ:イネ科の花の針のように尖った部分で、稲や麦の種子など)のある穀物の種をまく時期」らしい。 今、このあたりも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more