本読みと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 大比叡【848m】〜ひさびさの山歩き

<<   作成日時 : 2015/03/22 20:04   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 14

今日は、ひさびさの山歩きでした。
大津市と京都市の境にある大比叡です。標高は848m。 大津市側の坂本から歩きました。
出発は日吉大社、およそ2100年前 崇神天皇七年に創建されましたお社です。
画像

全国3800余ある日吉、日枝、山王神社の総本宮。東宮本殿は国宝、日吉造りという独特の造り方。
画像

朝のお勤めの時間らしく、静かに神社関係者が神様に参拝する姿を見ながら、こちらも山歩きの安全をお祈りして出発です。
比叡山の山の神でもあります。
画像

比叡山の有名な修行に、「千日回峰行(せんにちかいほうぎょう)」という荒行があります。
出発点はこの日吉神社で、ぐるっと廻って、一日30kmを255ヶ所の霊場をまわるそうです。
画像 画像

私は最短コースで直登ですが…とても一日にこんな山の中を30kmも歩けません。
獣道もあり、コースは不明ですが、きっとこんな道も歩くことでしょう。
千日といっても連続して3年間という意味ではなく、7年間をかけて通算1000日の間行なわれるそうです。

山歩きのコースは基本植林されて荒れた道が多く、あまり楽しい道ではありません。
ただ、谷を吹く上がる風と春を喜ぶ鳥のさえずりが心地よかった。
約2時間弱で、比叡山延暦寺の根本中堂に到着しました。
画像

比叡山延暦寺は、最澄によって開かれていますが、日本天台宗の基礎を築いた円仁、円珍、融通念仏宗の開祖良忍、浄土宗の開祖法然、浄土真宗の開祖親鸞、臨済宗の開祖栄西、曹洞宗の開祖道元、日蓮宗の開祖日蓮など…高僧を排出しました。 日本仏教の聖地の一つです。

この根本中堂は、国宝なのですが、一番見たかったのは「不滅の法灯」です。
最澄以来、1200年間 消えることなく 光り続けています。 信長の焼き討ちの際に一時的に途絶えてようですが、分灯していたお寺から復活させたようです。
薄暗い本堂の中に灯る3つの法灯、それはそれは神聖な雰囲気が漂います。
如何せん、ここはドライブウエイが通る道、観光客に混ざってざわついてはおりますが、それでもなにやら独特の雰囲気があります。
画像 画像

根本中道を過ぎると、まだ植林地帯を歩きますが、それも時々現れるご廟や石塔は、数百年はあろうかと思われる大木を伴い、このお山全山が霊場であることを再認識します。
画像

東側に黄砂?花粉に霞む琵琶湖を眺めながら…
画像

北側には、まだ雪をいだく比良山地を眺めながら・・・
画像

やっとの思いで、山頂に到着です。 一等三角点、848mです。
比叡山の美称、大比叡。 琵琶湖の湖畔の坂本の街から標高差750m、久々の歩きで結構タフでした。
展望もなにもない、場所すらわかりにくい山頂です。  
でも、仏教の黎明期に名だたる高僧が、千日回峰の修験者の足音や息遣いが聞こえるお山でした。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
大津に来られていましたか!
山頂は「ここ?」と思うような感じですよね。
それでも霊山比叡の独特な雰囲気をしっかり味わられたようでなによりです。
KURI
2015/03/23 09:26
久々に山を歩けるお時間が取れたようですね〜
日吉大社も根本中堂もさすがに立派ですね。
長い歴史を刻んだ登山道ならではの雰囲気を楽しんだのでしょうか?

パワースポット巡りが人気ですが
この道はそっとしておきたい登山道ですね。
mikko
2015/03/23 18:52
KURIさんへ
許可なく大津市に侵入しました。(笑)
やっぱり比叡山は霊験あらたかな雰囲気が漂いますね〜
何十年振りのこのコースで懐かしかったです。
不滅の法灯は、本当に 厳かな雰囲気で、感動しました。
近くに住んでいるKURIさんがうらやましい。
本読みと山歩き
2015/03/23 20:45
mikkoさんへ
時間が取れました〜 
やっぱり山歩きは良いですね。
比叡山は歴史がありすぎ?ですが、歴史の道はそれを想像して歩いていると違う道に見えてくるから好きです。
近畿はパワースポットの道がたくさんですからぜひどうぞ。
この比叡の向こうは京都市ですから、桜の季節は大混雑ですが、大津側からなら歩いて行けますよ〜〜(笑)
本読みと山歩き
2015/03/23 20:52
こんばんは。
2000年の由緒ある地を歩いているのを拝見すると、自然に背筋をただしたくなります。1200年燃え続けている炎にはびっくりします。受け続けているということは、物理化学的に証明できる日が来ると面白いと思いますが。
カスミッシモ
2015/03/23 21:01
久しぶりに山歩きを楽しまれましたね。
最澄以来続く「不滅の法灯」には、ゾロアスター教の影響が入っているという説があります。唐の時代には、中国までゾロアスター教は伝わってきており拝火教と呼ばれていました。イランのヤズドのゾロアスター教寺院で見た1500年続く聖火のことを思い出しました。
さすらい人
2015/03/23 21:28
お久しぶりです。
比叡山と山登り・・、関東に住んでいるとなかなか結びつきません。
日本仏教の聖地、身の引き締まるような雰囲気の「御山」
なのでしょうね。
千日回峰行が、7年掛けてとは初めて知りました。
昔、NHKの特番を見て以来、1000日間休みなくと、
思い込んでいました。勘違いでしたね。
鶯が鳴き始めました。
山歩記、楽しみにしています!


Tao
2015/03/23 23:18
山歩きが出来るほど落ち着かれたのですね。
写真からは春らしさは感じられませんが、花等は咲いてましたか?
ところで霊場って、なにか感じます?
あつこ
2015/03/23 23:19
カスミッシモさんへ
この不滅の法灯は、菜種油を毎日毎日継ぎ足しているそうです。
これを1200年続けているとは驚きです。
「油断大敵」の油を断つ…はこの語源説もあります。
この本堂に中の深淵さは言葉では言い現れません、ぜひ一度ご訪問下さい。
本読みと山歩き
2015/03/29 21:13
さすらい人さんへ
ゾロアスター教ですか〜 なるほど奥が深いですね。
炎というのは人を魅了する何かがあるのでしょうか!?
もし、行かれていないのなら、ぜひ!
この場所、お薦めです。
本読みと山歩き
2015/03/29 21:16
Taoさんへ
コメントありがとうございます。
この修行を2回達成ならったか人が、酒井雄哉さんという大阿闍梨です。
この方の特番でしょうか!?
残念ながら、2013年に亡くなっています。
ぜひ、その番組を見たかったものです。
本読みと山歩き
2015/03/29 21:20
あつこさんへ コメントありがとうございます。
この比叡や山全体が霊場ですから、独特の雰囲気があることは間違いありません。
私は鈍感ですが、霊感が高いあつこさんなら、きっとビビッドに感じることでしょう。
本日、大きな節目が終わりました。
さて、こっちは春本番、まもなく桜も満開です。
春山を楽しもうと思っております。
本読みと山歩き
2015/03/29 21:24
比叡山のドキュメンタリーの再放送を最近見ましたよ。
グーグルの地図で確認しましたが、昨年琵琶湖湖西を走った時に
近くを通っていました。
嵯峨野〜琵琶湖の浮見堂〜湖北方面へ抜けていました。
次回は京都周辺の山の散策も計画したいと思っています。
前回は車高が高いキャンピングカーだったので市内の駐車は
諦めていましたが 新キャンカーなら市内駐車も可能です。
また一つ楽しみが増えました♪
ログの大好きな徳さん
2015/04/06 10:34
ログの大好きな徳さんへ
この延暦寺へはドライブウエイが通っておりますので、近くを通っていたなら、お手軽に訪問することができます。
京都周辺の(歩く)山なら大文字山がお薦めです。 銀閣寺の横手から大文字の山頂ではなく火床までならそう時間はかかりません。京都市が一望です。
キャンピングカーはやはり自由でよいですね〜 これから季節もよくなります。
お楽しみ下さい。
本読みと山歩き
2015/04/11 15:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
大比叡【848m】〜ひさびさの山歩き 本読みと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる