『本読みと山歩き 2』へ

2005年8月から始めたこのブログも、もう14年近く経ちます。 「平成」から「令和」に変わった幕開け、目出度く、容量が一杯となり、ブログを新規で起こしました。  「本読みと山歩き2」 !  年々マニアックに変化していますが、引き続きのご愛顧をよろしくお願いまします。 【新ブログ】 ・タイトル:本読みと山歩き2 ・URL: h…
コメント:6

続きを読むread more

於茂登岳【526m】~ジャングルとヤブ漕ぎ

この山、沖縄県の最高峰、石垣島にある。「おもとだけ」、令和の最初の山歩きは、5月2日のこの山。 緯度的には台湾の台北より南にあり、亜熱帯のど真ん中。 ジャングル 登山口からジャングルっぽい、とうかシャングルだ! 信仰の山、古くから霊山として信仰の中心的存在であり、山名の「ウムトゥ」=「おもと」は「島…
コメント:10

続きを読むread more

六甲 摩耶山【702m】~山笑う

今日4月13日(土)は、神戸の摩耶山です。新幹線の新神戸駅が起点と終点にできるという稀有な山。 国土地理院の3Dマップを使ってみましたが、イマイチ。 (笑) コースは旧摩耶道~天狗道~山頂、黒岩尾根で下る、10㎞ぐらい。 お目当ては、「春の芽吹き」です! この辺りは落葉樹はコナラやアベマキが多い。  最初は住宅街を歩きま…
コメント:6

続きを読むread more

甲斐 高川山【976m】~早春の思い

3月23日(金)はお休みをいただき、山梨県の東端、御坂山地の東端にある高川山を歩いた。 先月歩いた岩殿山の大月市街をはさんだ南西にある山(写真右上)、きっと富士山の眺めが良いだろう。   この中央線沿線は駅から歩ける山が多くて、遠方から来るものにはとても便利が良い。 今回は、初狩駅から山頂を経由して長い尾根を下りながら大月駅にい…
コメント:6

続きを読むread more

繖山【433m】~近江商人の故郷

琵琶湖の東側には、湖東平野でという意外に大きな平野があります。 その平野には、ポツンポツンと里山があり、2月24日(日)はそこを歩きました。 麓は、五個荘といって、近江商人の発祥の地の一つ。  南へ京・大坂、東へ尾張、北へ越前と交通の要所にあり、古来より 物と情報が行きかうこの地で才覚ある人々が、情報を集め、需要あるところに必要なも…
コメント:6

続きを読むread more

『日本人のくらしと文化』~視点は卓越

尊敬する民俗学者「宮本常一」先生の唯一の講演集。 先生の本は、フィールド調査から過去の文化や今につながる文化を紐解いて下さりたいへん面白い。 本も何冊も読んでいるが、時々 地道過ぎてついて行けないものもあるが、これは講演ということもあり分かりやすかった。 この方のフィールドワークは半端なく徹底的です。 岩谷観音堂の浮世絵風の絵馬…
コメント:2

続きを読むread more

岩殿山【634m】~ダイナミックな大地の動きを実感

2月1日(金)は遠出をして、山梨県の岩殿山を歩いた。知っている人は知っている知らない人は知らない(あたりまえか)、地形的にたいへん面白い山です。 説明のベースは『自然を読み解く山歩き』(小泉武栄先生)。 大月駅から歩いて行ける。安直登山。 深い渓谷を作る桂川を渡ると登山口。 見るからに岩山・・・どんな登山道が付いてい…
コメント:12

続きを読むread more

滋賀蒲生郡 綿向山【1,110m】~霧氷に心が洗われて

今冬は、雪山へ 霧氷を見に行こうっと! 綿向山へ! 2019年1月14日(月)成人の日。 綿向山=わたむき山… 養蚕が盛んだった麓の信仰を集め、「綿つなぎ」が転化して「わたむき」になったそうな。 今年は雪が少なく、暖冬気味なのなので、どうだろうと思いながら、歩き始めます。 七合目辺りまで、植林地帯をジグザグに我慢の歩き、地…
コメント:2

続きを読むread more

東紀州 姫越山【503m】~初歩きは太平洋が眩しい

「戦乱の昔、落ち延びてきた姫君と老武者が峠にさしかかり、動けなかった姫君の為に水を汲みにいった武士が戻ってみると姫君はこときれていた。もやはこれまでと、老武士も後を追った」と登山口にある。 ここは、三重県の南部の伊勢の南西、もう和歌山は近い、温暖な地です。 山の名前を、この由来から「姫越山(ひめごやま)」といいます。 今日は、1…
コメント:12

続きを読むread more

あけましておめでとうございます~標高22mの初詣

山ブロガーの皆さまが安全に健康に楽しい山歩きができますよう、お祈り申し上げます!! 今年は三河湾にある「竹島」、山頂(?)に日本七弁天 八百富神社、 開運・安産・縁結の神様です。 島全体が暖帯林特有の広葉樹に覆われ、対岸がクロマツ林に比して景観が異なり植生保護の対象で、天然記念物です。 タブノキやモチノキ・ヒメユズリハ・ヤブ…

続きを読むread more

『日々是好日』~来年も「好き日」でありますよう

『日々是好日』・・・「にちにちこれこうにち」禅の言葉らしい。 最近『日日是好日』という本を読んだ、森下典子さんの「お茶」を通じて感じたエッセイ。 山歩きの人たちに、身近なのは「好日山荘」だろう、「日々是好日の観念を有する主人には、その門戸を叩(たた)く悪日も、握手をすれば乍(たちま)ち好日となり……」という徳富蘇峰の一文に由来する・…
コメント:6

続きを読むread more

王ケ頭【2,034m】~あぁ、なんという美しい山波み…

15日(土)~16日(日)、王ケ頭山頂のホテルに宿泊して、超簡単トレッキング。 安直に行ける山頂で昼間はもちろん絶景ですが、宿泊時の魅力は朝夕夜・・・ 【夕日に映える八ケ岳】 日暮れは17時前、御嶽に沈みます。夕日が西側に並列する編笠山から蓼科まで等距離に照らして美しい… 手前の大地は美ケ原高原 【暮れなずむ南アル…
コメント:12

続きを読むread more

京都 大文字山【465m】~初冬の京都東山

さて、12月8日(土)は京都です。 京都盆地の東に山科があり、そこから尾根道を歩いて大文字山に至るコース。 山科駅から歩き始めて、最初に毘沙門堂。 比叡山にいた最澄が毘沙門天を置いたことが起源という。 そこからAコース(渓流沿い)を選択したが、倒木に阻まれ迂回にチャレンジするもめげて尾根道、Bコースへ。 京都っぽく、…
コメント:8

続きを読むread more

各務原アスプス 迫間山【309m】~美しい里山の秋

この三連休は京都とこの里山を歩いた。 各務原という犬山と木曽川を挟んだ北側にある低山の連邦。 お目当ては、もちろん里山の黄葉・・・京都は高尾山神護寺を訪れカエデの紅葉を見て、次は黄色 (笑) 黄葉前線はもう尾張地方も里山まで、下りてきていて、なかなか良い感じです。 黄色の主役は、この山の場合は「タカノツメ」、タラの芽と…
コメント:16

続きを読むread more

美女平【最高点1,122m】~タテヤマスギの壮観

10月21日(日)全国的に快晴と聞いて、立山へ飛び出しました! それも、室堂とか阿弥陀ケ原ではなく、「美女平」! 往復約600kmの遠征! でも、どうしても、晴天の下 「タテヤマスギ」が見たかったのです。(笑) 室堂から広大な溶岩台地の最後に「美女平」があります。  山に入った許嫁を追って、この山に来た美しいお姫様が、タ…
コメント:12

続きを読むread more

岩篭山【765m】~変化に富みすぎて…

福井 敦賀にある山です。最近は越前福井の山がお気に入り。 お山は「いわごもりやま」という。 敦賀三山。 新・分県登山ガイドに「変化に富んで人気抜群の山」とある。 コースは沢を登り詰める  滝がたくさん、徒渉もたくさん、久々に緊張、水ハマり沢山(笑)    台風の為か、倒木たくさん 沢の最後にブナが登山道をふさぎ・・・…
コメント:10

続きを読むread more

上高地【明神白沢1,548m】~この美しさの秘密

9月15日(土)・16日(日)と上高地にて地形地質についての講座に参加した。 「上高地」といえば、今までに通過点にすぎず。 涸沢や北穂へ向かう、プロローグでありエピローグ… 行きは、意気揚々と森林浴しながら足慣らしを兼ねて、なにげに景色を楽しむ3時間 帰りは、もう疲れ切って、足早に通り過ぎるだけの、疲れた体に鞭打ちながら(笑)の苦…
コメント:8

続きを読むread more

『山の音』~川端作品の味わい深さ

久々に川端作品を読んだ。 中学の夏休みの宿題以来 (笑) 歳を重ねてわかる、川端康成の味わいに、いまさらながら気がついた。 主人公は鎌倉の山手に住む。 60過ぎ結核を患っている。 「蝉が止まったか・・・木の葉へ夜露が落ちるらしい音も聞こえる・・・そうしてふと信吾に山の音が聞こえた。 廊下の下のしだの葉も動いていない・・・遠い風…
コメント:2

続きを読むread more

伊吹山 北尾根【983mPeak】~フォト5選

8月18日(土)は北尾根を歩きました。 伊吹山はドライブウエイの終点の山頂近くはにぎわいますが、北側の長~い尾根を「北尾根」と呼び、ここは静かな山歩きが楽しめます。 結構好きなエリア。   今回は、ミラーレスデジカメにて単焦点レンズで写真撮影をメインに歩きました。  150枚ほど撮影しましたが、本人お気に入りのBest5をご…
コメント:8

続きを読むread more

木曽駒 植生調査【最高地点2,925m】~進化の2年目

7月27日(金)~28日(土)まで木曽駒へ高山植物の植生調査に参加しました。 所属しているNPO団体「山の自然学クラブ」による長期モニタリングです。昨年に続き2回目。 今回は少し遅れての参加で、千畳敷では一人記念撮影。 スマホを使ったことがないおば様に頼んだので、宝剣岳が入っていませんが・・・おば様ありがとうございました。 <千…
コメント:14

続きを読むread more