みろくの森 築水池 ~ such a rich area

週末のいつもの裏山、考え事をするときは、「みろくの森 築水池」周回です。


画像




もう春本番で、湿地帯の多いこのエリアはたくさんの花が咲く、高低差もそうはなく、ながら歩きにはもってこい。



画像




いつも最後は、みろくの森全体を見渡せる小屋で一息、熱いコーヒーを飲み、考えを整理して日曜が終わる。


画像




なにげなく、小屋に据え付けの雑記帳を眺める。以前、失恋とそれを励ますメッセージがあった雑記帳です。
4/6付
『ここへ来るのは2004年以来です。とても懐かしい場所です。xxx (中略)xx日本に来たらまた訪れます。』
と女性。
その後に、続けて英語で同じボールペンで
『How wonderful to visit this very special place with so many memories. Such a rich area. xxx (中略)xx Now Living in Colorado now. xx I still imagine I might move back to here someday. 』
と男性の文字!?で書いてある。



画像


おそらく、長らくこの地に住んでいた男女がここで知り合い、一緒にアメリカのコロラドに移り、一時帰国をしているのでしょう。
デートをした思い出がたくさんあるこの地、この眺めを 懐かしんでいる… そんな風な書き込みでした。



画像




思い出詰まった場所= rich area とよぶ彼の気持ちがとてもうれしく。 
ここの風景は、見る人それぞれに、その雑記帳のページの分だけ、たくさんの思い出を残してくれてるんだなぁ。

もうコロラドに戻っているだろう二人の生活を、この里山から想像していました。


画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

  • KURI

    いいお話ですねぇ。
    想像を膨らませて1本のアニメ映画が作れそうです。(^_^)
    「いつもの裏山」ずっとずっとこのままでいて欲しいですね。
    2017年04月10日 11:41
  • カスミッシモ

    美しい池です。
    疲れが全て洗い流されて、リフレッシュできそうな所です。
    秘密の裏山でしょうか。
    2017年04月11日 16:13
  • 本読みと山歩き

    KURIさんへ
    いい話です。
    時々、いい物語が書いてあるんです。
    この記事と風景、自分の心象がマッチするととても感動します。
    2017年04月11日 20:21
  • 本読みと山歩き

    カスミッシモさんへ
    コメントありがとうございます。
    この池は、江戸時代に下流の農地を潤すために人工的に作られた池なんです。
    大きく整備させていなくて、自然を満喫できます。
    でも秘密でもなんでもない、公開されたりっぱな森です。
    私の裏山。
    2017年04月11日 20:27
  • やまや

    僕もこの季節のみろくの森が好きです♪
    先日、ブログ友だちのkarakeさんが、ここを歩きに来たんですよ(^^ゞ
    とてもいい森ですよね~
    本読みさんは、人のドラマを見つけるのが得意ですよね( ^o^)ノ
    2017年04月13日 00:00
  • 本読みと山歩き

    やまやさんへ
    みろくの森の周回ルートは「考え事」をする時に歩くことが多いんです。
    雑記帳には時折、人間模様が伺える記述があるので、同じような人もいるのかなあ。
    山頂のメモにはないような気がするんですよ。
    いつか、やまやさんのように人を案内できればと思っています。
    2017年04月15日 08:05
  • mikko

    本読みさんの裏山にこんな素敵なLOVE STORYがあったとは!
    それほどに素敵な森なんでしょうね~
    遠くコロラドから時々は思いを馳せてくれているかも
    なんて考えると嬉しくなりますね。
    ゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚
    2017年04月17日 18:30
  • 本読みと山歩き

    Mikkoさんへ
    ここは森という名にふさわしい。
    昔は小屋の雑記帳などに興味はなかったのですが、こんな物語を覗けると、森歩きに深みが増します。
    いい年になってきたんだなぁと別視点で感慨深いです。
    2017年04月20日 07:52

この記事へのトラックバック