本読みと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 各務原アルプス【明王山:380m】〜心躍る展望

<<   作成日時 : 2018/01/07 19:47   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 16

岐阜市の東に各務原(カガミガハラ)という町があり、ここにその名前を関したアルプス≠ェある。
1月7日(日)、天気がよいこの日の初歩き。
画像

木曽山系の南の端、濃尾平野の北の端… 木曽山系に取り残されたような山々です。
画像

地質はチャート、中生代の美濃帯とよばれる付加体です。チャートは固いので、浸食されずに残った山地です。
画像

山々は連なり・・・各務原市からみるとアルプス??のような連なった姿となっています。
画像

ポコポコと小山が続く得意な風景となっていて、すきな風景。

登った山は明王山と毘沙門山ですが、標高は380m。 朝の7時台から歩きだしているので、人は誰もいません。
登った朝日が低い角度で差し込む尾根道・・・そんなアプローチもまた好きです。
画像


この山は展望の山です。 右(南)に左(北)に心躍らされる風景が展開します。
画像 画像

南側・・・木曽川の向こうに濃尾平野
画像

東側・・・伊吹山と鈴鹿山地(霊仙山)など
画像

北西方面…山の向こうは北陸
画像

アップ 能郷白山は白山と結び両白山地となり、北陸地方からは良く見える山 日本海側で豪雪の山
画像

北側・・・御嶽・乗鞍・・・
画像

北方面をアップ 御嶽・乗鞍は裏山からも見えるのですが、笠ヶ岳も、条件がそろえば槍穂も見えます!
画像

北東側・・・中央アルプス よく見えます 白銀の連邦が美しい
画像

完全防備での山歩き、多少の寒風はなんでもありません! 逆に心地よい!
冬の澄んだ空の下、360度の展望と山々の雄姿に、こころ踊る¥鴛烽ォと展望を楽しみました!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
380mの低山とは思えない展望です。
○×アルプスという山名は長瀞アルプス、沼津アルプスなどこちらにも色々あります。
好天に恵まれて気持ちの良い山歩きが楽しめましたね。
ミニミニ放送局
2018/01/07 21:18
ミニミニ放送局さんへ
大きな山からちょっと離れている低山が故の展望かと。
やはりチャートの岩は偉大です、ありがたい展望を後世に残しています。
冬場は遠くまで見渡せて気持ちが良いですね。
これを機に、今年は○×アルプス巡りでもしようかな(笑)
本読みと山歩き
2018/01/08 08:06
こんにちは。
低山とはいえ歩きでが有りそうですね、地質は堅そうでしっかりとした登山道楽しめそうです!・・・トレーニングには向くのでは。
私が20年ほど住んでいた滋賀県にも「湖南アルプス」でありましね、ざらざら花崗岩でしょうか、時折歩いていました。

現在の丹沢は雪無し、霧氷無し、登山道は埃が舞い立ちます!。
MORINOBUNA
2018/01/08 11:29
MORINOBUNAさんへ
湖南アルプスありますね、まだ未踏です。
近くの三上山はたしか、チャートで残った山だったかと。
湖南アルプスは花崗岩なら、いつかなくなってしまうかも…早く歩かなきゃ(笑)
丹沢は雪なしですか〜日本海側とは大違いですね。
本読みと山歩き
2018/01/08 14:03
カガミガハラは読めませんね。
中生代の地層でしたら、その内、誰かが恐竜の化石を発見するかもしれません。
白山も中生代の地層だったと思いますが、ドキドキしながら目を皿のようにして歩きました。(笑)
カスミッシモ
2018/01/08 17:30
同じ日に私も反対側から乗鞍・御嶽山を眺めていました。微かに笠ヶ岳も小さく見えていました。穏やかな良い日に初登りだったようです。
インレッド
2018/01/08 17:38
いい天気ですね。そんなに早くから登ると寒いでしょうね。この辺は雪は降らないのですか?標高は低くてもよく見えるんですね。
USはすごく今寒いらしいですが、イギリスも久しぶりに寒いです。春まだ遠し!
あつこ
2018/01/09 06:59
冬枯れの山は、暖かそうに見えてしまいますが、風は冷たいですかね。低山の雪山歩きは、ラッセルで汗が噴き出てかえって暖かく感じます。今年も、山歩きを楽しめますように。
さすらい人
2018/01/09 12:06
カスミッシモさんへ
白山周辺は手取地層で化石の宝庫ですから、ワクワクしますね(笑)
今年は白山に登ろうと思ってます。
本読みと山歩き
2018/01/12 07:20
インレッドさんへ
何百キロ離れても、高い山が同時にみれるのは、素晴らしい、
かんたかんだで、日本も狭いですね。
笠ヶ岳はまだ未踏峰なので、今年は歩きたいなぁ。
そんな山が一杯です。(笑)
本読みと山歩き
2018/01/12 07:26
あつこさんへ
冬の朝は凍えますが、展望を良くする要因です。
山国には、それを我慢して得られる展望は捨てがたい‼
英国はもっと寒いですが、高い山がないからなぁ。
いましばらく、耐えましょう。
寒いほど、春は素晴らしくなります。
本読みと山歩き
2018/01/12 07:33
さすらい人さんへ
この日も風は冷たかった。
でも、この展望は捨てがたい。
新潟のように全体が雪景色だと、もっとよいのでしょうね〜
今年も楽しい山歩きが出来ますように。
本読みと山歩き
2018/01/12 07:38
この日に私が眺めていた山のうちのどれかですね。
ホント!目が合っていたかもしれませんね(笑)
犬山城から眺める伊吹山の存在感にただただ見とれていました。
標高380mでこんなに素晴らしい眺望なんて。。。
登山道の雰囲気も素敵ですし
我が家がこちらに住んでいたら頻繁に通ってしまいそうです。
mikko
2018/01/13 19:58
mikkoさんへ
北の方の山のどれかです(笑) 
伊吹山は標高はそう高くないのですが、平野から悠然と立つ独立峰然としているので、百名山にも選ばれています。花もたくさんで良い山です。
この辺り(濃尾平野の北側)は低山ですが、展望の良い山がたくさんあって、トレーニングには最適、またいつかお越しください。
本読みと山歩き
2018/01/13 20:35
各務原アルプス、低山ながらなかなかいい山ですよね!ひとときは息子を連れてよく歩きました。本読みさんの記事を見て、また行きたくなりました♪
遅くなりましたが、今年もよろしくお願い致します。
やまや
2018/01/17 12:19
やまやさんへ
小さいお子さんと歩くにはもってこいのエリアですね!
パット思いつきいた時に、行こうかと思います。
こちらこそ、宜しくお願いします。
本読みと山歩き
2018/01/19 07:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
各務原アルプス【明王山:380m】〜心躍る展望 本読みと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる