上高地【明神白沢1,548m】~この美しさの秘密

9月15日(土)・16日(日)と上高地にて地形地質についての講座に参加した。
「上高地」といえば、今までに通過点にすぎず。 涸沢や北穂へ向かう、プロローグでありエピローグ…
行きは、意気揚々と森林浴しながら足慣らしを兼ねて、なにげに景色を楽しむ3時間
帰りは、もう疲れ切って、足早に通り過ぎるだけの、疲れた体に鞭打ちながら(笑)の苦痛の3時間
画像


でも、この講座で見る目が変わった。
なぜ、この地がこんなに美しいのか…目からうろこの講座

6万年前と2万年前の氷河時代に、大きな山体を氷河が削り、急峻な圏谷とV字谷を造る。
1.2万年前、火山の大爆発で、大正池~徳沢の10kmは大きな湖(古上高地湖)が出来、その湖底に錐体物が5千年かけて沈殿し、この長く広い平らな土地ができた!!
これが3000m級の山々を目の前に、この広い明るい谷がある。稀有な景観。

北アルプスの三分の一はマグマ起源の花崗岩、白い奥白又花崗岩がマサ化(細かく崩れた)したものが、上高地に流れる梓川の川床の主力の岩。 この川の白く碧い美しさはここから来ている!!
画像

広く明るい谷、雪を頂く岩の高い山、美しい緑の高木、白く碧い川…この偶然がこの地で重なった。
いわば、奇跡の風景…それを楽しめることの今の時代に感謝したい。 秋の黄葉時期に再訪予定。

マニアックな説明(笑)は HP「上高地の成り立ちを学ぶ」をご覧あれ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

カスミッシモ
2018年09月23日 21:34
面白そうな講座です。
詳細な「上高地の成り立ちを学ぶ」も読ませて頂きました。
縄文時代の噴火ですと、見ている人間もいるかもしれないですね。
石は分かりずらいですね。常念岳の登山道の小石には褶曲がしっかり刻まれていて、内緒ですが1つ持っていて私の宝物です。
本読みと山歩き
2018年09月24日 06:42
カスミッシモさんへ
褶曲が綺麗にわかるなら、土砂が積もった層が綺麗に見えるなら錐堆岩かも知れませんね。
知ったかぶり(笑)
この勉強会は楽しかった。 なにせ、高校時代は基本地質班なので地形や地質にはもともと興味があったのかも知れません。
いまさら、そこへの熱意が再燃するとは…自分での不思議です。
北岳を含む南アルプスが左右からの圧力を受けての褶曲による隆起山脈ですが、北アルプスは基本火山によってできた山脈のようです。
今も、地下深くにマグマがうごめいているとか…
さすらい人
2018年09月24日 19:41
ヒマラヤとカラコルム山脈に挟まれたインダス川源流部近くのラダックを訪れていましたが、インダス川は濁っていました。氷河に削られた砂が混じっているのでしょうね。河岸の崖を見ると、丸石が多く混じっているので、川によって運ばれた堆積物なのでしょう。谷と言っても地質的にはいろいろですね。
本読みと山歩き
2018年09月24日 19:47
さすらい人さんへ
スイスのツェルマットの中心を流れる川も氷河の影響で白濁していました。
今考えればあれは、なぜかなぁ、砂が混じってるんでしょうか。
川はいろんなものを運んで来ますが、その堆積物はその土地の地層や岩石そのものですから、地質的に歩んできた歴史そのものを見ているってことですね。
実に面白い…川の見方が変わります。
2018年09月25日 08:51
プロローグ&エピローグ
まさにその通りでした!
私でも分かりやすい説明で次回歩く時はエピローグの苦痛が半減されると思います。
(^_-)-☆
2018年09月27日 05:53
自然の形づくられる様は 観ることは出来ませんが 
知ることはできますね。
ちょいと話を聞きかじると他人に話したくてしょうがない。
家族に話してみると聞き流しなんて事が良くあります。
でも こんな地球の成り立ち話 大好きです。
地元の相浦川の川底は、上流から全て岩で形づくられ
ています。どんな成り立ちなんでしょう。
本読みと山歩き
2018年09月29日 06:16
mikkoさんへ 
特にエピローグがその通りでしょう!? (笑)
ぜひ、次回は想像の世界を膨らましながら歩いて下さい。
もうすぐ、涸沢の紅葉の季節ですね~ 今年は当たり年だろうか(独り言)
本読みと山歩き
2018年09月29日 06:23
ログの大好きな徳さんへ
そうそう家族は聞き流しです、特にこんなマニアックは話題は(笑)
何故なぜの繰り返しは、知らない世界を覗けて楽しいです。
今回のように専門家のお話を聞いて、専門家でもまだまだ分かっていない世界があることも魅力的です。
地元の川もぜひ石を調べて(ネットや専門家に聞く)みてください、きっとおもしろワールドがあるでしょう!