滋賀蒲生郡 綿向山【1,110m】~霧氷に心が洗われて

今冬は、雪山へ 霧氷を見に行こうっと! 綿向山へ! 2019年1月14日(月)成人の日。
画像

綿向山=わたむき山… 養蚕が盛んだった麓の信仰を集め、「綿つなぎ」が転化して「わたむき」になったそうな。

今年は雪が少なく、暖冬気味なのなので、どうだろうと思いながら、歩き始めます。
七合目辺りまで、植林地帯をジグザグに我慢の歩き、地元の方々のおかげで立派な休憩小屋がある。
画像 画像

五合目辺りは、今年“初”アイゼン・・・雪が出てきました。
画像 画像

七合目を過ぎると、自然林となり、霧氷が・・・
画像

霧氷…氷点下の環境で樹木に付着して発達する、白色や半透明で結晶構造が顕著な氷層の総称。byWiki.
これは、過冷却にある霧(着氷性の霧/雲)によるものと、空気中の水分の昇華による付着がある、これは過冷却かなあ、今朝は寒かった。
画像

理屈はどうでもいいです(笑)・・・美しい・・・
画像

青空とのコントラストに言葉がありません。 社会の垢が、見ているだけで昇華していきそうな・・・非日常の世界!
画像

画像

山頂からは、東側に鈴鹿山脈のスター達を眺めながら、カップヌードルをいただく。
下段の写真、右から入道ケ岳、鎌ケ岳、雨乞岳、右奥には伊勢湾がキラキラ輝いています。 

今日は成人の日か~ 二十歳の頃は、大学で勉強に遊びに懸命だったが、
山歩きも続けてたなア、今 その頃のなにが残って何が成長したかなぁ、なんて考えて一人で苦笑した。
こんな霧氷のような、無垢な存在ではなくなったが、心新たに 毎日を過ごしたいと 思ったりして。
画像

画像


画像

画像


山頂は綿向神社の奥社、545年 欽明天皇がこのお山を見て祠を建てたのは始まり。
画像

滋賀県の近江商人の厚い信仰を受けて、麓に馬見丘綿向神社がある。すごく立派でびっくりしました。
画像 画像

神社近くから見上げる 綿向山は、なるほど立派で、心がまた洗われ、すがすがしい一日となりました。
画像

ひさびさに、心躍る。(マニアックHPへ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

あつこ
2019年01月20日 23:09
すごくいい写真が取れましたね。でも実物は写真どころじゃないでしょうね~、空気の冷たさとか静けさとか。
雪山登山って大変なんじゃないですか。
本読みと山歩き
2019年01月22日 05:05
あつこさんへ
ここは、雪山ですがあぶないところはなく、アイゼンがあれば、安全です。
この白と青の世界に、雪は消音するので無音の世界が魅力こな。
帰国の折に、是非、如何でしょう(笑)